2017_04
16
(Sun)19:07

私は桜の花が一番好きです。
ところが今年はいつまでも寒かったので京都の桜も遅く
週末には雨が降り、花見もどこにも行けませんでした。

それでも今年は旅行の予定があって、その時に見れるかな~って思っていました。
が、なんとなんと両方とも「例年なら満開なのになぁ・・・」との言葉にとても残念でした。

四国に行ったのが3月末
長野に行ったのが4月半ば
両方とも例年なら完ぺきだったはず・・・

長野はことごとく桜の開花はつぼみばかりで
4つのお城に行きましたが、たった一つ上田城のみ咲いていました。
四国は9名城だったので合計13名城の内、たったひとつ・・・。

関西に帰ってきたら、すでに桜は葉桜となり・・・。

どうしてこんなにタイミングが悪いのかと、とっても悲しい
それでも無事帰ってこれたので良しとしないといけませんね。

旅行というのは天候に左右されます。
そしてこればかりはどうしようもなく、運不運でしょう。
よくよく考えれば、旅行に行けるだけでも幸せです。

いつまで元気で回るのかわかりませんが
私が死んだら100名城のスタンプ帳をお棺に入れてもらうように言ってます。
今を精いっぱい生きること。
それだけです。

今回は念願の松本城と上田城に行けました。
いつか・・・なんて思ったら行けなくなってしまう気がします。
東北もまだ行ったことがないので、近いうちに計画します。

でもその前に、痩せなきゃなぁ・・・
2017_04
14
(Fri)20:44

真央ちゃんお疲れ様

真央ちゃんの引退会見を見て、感動しました。
決して泣かない!泣き顔は見せない!
泣きそうになったら後ろを向いて涙を拭い、真央スマイルを見せてくれました。

いろんな思いもあったでしょうが、悔いはないと言い切った真央ちゃんは素敵です😍

いろんな質問にも、正直に、飾ることなく答える姿を見て、真央ちゃんらしいなあと思いました。

真央ちゃんほどみんなに愛された人はいないと思います。
長い間、感動をありがとう!

そしてお疲れ様👍
2017_04
08
(Sat)22:47

桜満開

やっと春が来た!って感じですね。
先週は冬のような寒さだったのに・・・。

先週は二泊三日で母と四国へ行ってきました。
お城巡りツアーだったので四国の友達たちにはお会いできず残念でしたが
目標の9名城のスタンプはゲットしました。

その写真もアップしたいのですが、画像処理がとにかく面倒で時間が取れずにいます。
その三日間は半袖でも良いような一日があるかと思うと
翌日は13度ほどの寒さとなり、雨の中、みんな震えながらの観光でした。
おまけに私は一日目の徳島城で、腰に巻いていた上着を落としてしまい
上着なしのまま・・・。

ショールを持っていたのでなんとかしのぎましたが
本当にこの性格・・・嫌になります。

「いつもなら桜が満開なんだけどな」という現地ガイドさんのつぶやきを聞く都度
残念な気持ちになっていました。
お城と桜はセットですから

3月は本当に寒い日が多かったですね。
それでもちゃんと春はやってきます。
桜のつぼみは忘れずに花開きました。

京都の私の一番好きな、哲学の小路もすごい綺麗さです。
桜を満喫すべくたくさんの方が来られていました。

春なんですね~~~

仕事に明け暮れ、なかなかアップが出来ずにいますが
元気なうちに一つでもお城のスタンプを集めようと思っています。

・・・なんか、続日本100名城とかが出来たそうです。
え?って感じです。

70歳までにゲットすべく目標を定めていますが
今はよそ見をしないで、元祖100名城を廻ります

来週は、長野です。
この前の軽井沢旅行で行けなかった、上田城と小諸城、そして念願の松本城に行く予定です。
おかげで家の片付けも出来ず・・・

いつか行こうって思っていても
人生いつ何があるかわからないし、行けるときに行かないとダメだと知りました。
出来ることは出来るうちに!をモットーにこれからも走り抜けます

皆様も充実した日々をお過ごしください。
・・・充実してなくてもそう思いながら、過ごしていま~す。

では
2017_03
16
(Thu)23:23

カランダッシュのシャープペンシル

お久しぶりです。
ひと月近く更新が途絶えてました
めちゃくちゃ忙しくて、カットも行けずに悶々としておりました。

やっと一息つけるようになり、資格ブログのほうも更新したところです。
本当はこちらをもっとマメに更新したいのですが・・・。

試験勉強も終わったし、いままでの写真を順次アップしていきたいと思います。
また見に来てください。

さて、忙しいとはいうものの、最近は欲しいものはネットで買えるという状態なので
文具好きの私はストレスが溜まると、ついついネットショッピングに陥ります。
最近は観たものが他のネットを見ている時に、広告という形で写真が出てきて購買意欲を沸かせるのです。

以前、カランダッシュのボールペンを購入し、バカげていると思っていたのに
またまた買ってしまいました

今度はシャーペンです。
この前買ったエクリドールとは違って安いほうの849シリーズです。
お値段は2千円ほど。

いつもナンクロや漢字クロスワードをやっている母にプレゼントです。
IMG_3913_convert_20170316225534.jpg

こちらも鉛筆のような持ち味のシャーペンですが、手の小さい母にはぴったりでした。
私はやはりドクターグリップのような太い軸が好きですから、ちょっと細い気がします。

ただ、カランダッシュのシャーペンはほとんどが0.7の芯で
エクリドールだけは0.5があったのですが、こちらもまた2万円ほどするので却下です。
それで、芯も一緒に購入しましたが、写真のこれだけで800円
輸入品って高いんですねぇ・・・。

シャーペンは先も細いので、0.7の芯だとは思えない書き味です。
その芯が折れにくいと聞きます。
高いなりに良いのだとおもいます。
・・・っていうか、そう思わないとやってけないし・・・。

そうなってくるとまたまた、欲しかったレマンシリーズのボールペンが欲しくなってきました。
繝ャ繝槭Φ_convert_20170316230810

これです
定価54,000円

大丸で試し書きをさせてもらったのですが、値段ほどの書き味を感じられず・・・。
でもとっても綺麗な色なんです。
アマゾングリーン

私的には、他にもお気に入りで使っているボールペンがあるので要らないと思うのですが
なぜか気になる
いつか買ってしまうかも・・・どんな自分が怖いです。。。

カランダッシュのボールペンの芯はみんな同じで、外の軸が違うだけで値段が変わるのです。
太さや色や重さ、そしていろんな装備。
エクリドールは四葉のクローバー柄や桜もあってとても可愛いです。

四葉のクローバー

以上
文具大好き春でした
2017_02
12
(Sun)22:32

アンマーとぼくら

アンマーとぼくら 有川浩著
IMG_3839_convert_20170212221816.jpg

この本はあまり期待しないで読みました。
自分の義理のお母さんとのお話です。

主人公と義理のお母さんとで亡き父との思い出を廻るべく
沖縄で一緒に観光した時のことを思い出し、同じように廻る中での二人のお話です。

有川さんの著書は、阪急電車とか図書館戦争だとか、明日の子供たちを読みました。
いつもすごいと思うのは心の描写です。
毎回心の描写に涙しています。

今回も期待を裏切らなかった・・・。
恥ずかしながら外で読んでいて、泣いてしまった私です。
人に呼び止められて、涙ウルウルしているのを見られて恥ずかしく思いました。

子供なお父さんが大好きで、そんなお父さんに良い嫁さんもらったなっていってあげられる息子。
とても素敵な家族の形です。

とっても感動しました。
読んでよかったな・・・と思える本です。

沖縄は一度しか行ったことがないのですが
もう一度行きたくなりました。
2017_02
05
(Sun)21:06

ボールペン

時折、衝動買いがしたくなります。
といってもいきなりお店に行って買うのではなく
事前にネットで確認をし、お店に行って買うパターンです。

後で考えるとそんなに欲しくなるようなものではないことが多いのですが・・・

今回はボールペンにハマりました。
仕事で源泉納付書を書いていても、どうしてもノーカーボンが下まで写りません
良いボールペンがないかとネット検索したら
"カランダッシュ"というスイスのメーカーのボールペンが良いらしい。

私が見つけたのはエクリドール
どうしても欲しくなり結局大丸へ買いに行きました。
結局18,360円の安いほうにしましたが、もう一つ欲しくなったのが
"レマンコレクション"のアマゾンブルーのボールペン
54,000円ってスゴずぎる

カランダッシュのボールペンの中の芯はみんな同じなので
外の部分で値段が違うのです。
安いのだと2千円くらいからあります。
でもとっても軽くて私は使いにくかったです。

どちらかというと、持つところは太いのが好きなんです。
ドクターグリップのあの太さが大好きです
なので、今回買ったペンは鉛筆のデザインなのでとても細い。
書きにくいかもしれないと思ったけれど、デザインが可愛いので購入した次第です。

IMG_3816_convert_20170205205657.jpg

でもずっと、あのグリーンが頭を離れない。。。
ってことで東急ハンズへ行ってみました。

残念ながらそこに、カランダッシュは849シリーズしか置いてなくてレマンを見ることは出来ませんでした。
定員さんのおっしゃるのには
「今は日本でも書きやすいボールペンが出ています。外国製は輸入品となるので高いのです。日本でもパイロットは良い製品がありますよ」と。
確かにそうですよね、日本には日本の風土に合ったボールペンが良いのです。
気温や湿気で書き味も変わってくる。
そういわれたら、パイロットが欲しくなり衝動買いです。

IMG_3820_convert_20170205210138.jpg

こちらは5,400円。
笑えることに、お値段によってケースがずいぶん違います。
結局はボールペン自体が書きやすければそれでいいのに、なんだかケースに無駄な費用を使うのもどうなのかと思いました。

写真で見ればあまりわかりませんが、カランダッシュはめちゃくちゃ素晴らしい箱に入っています。
人にプレゼントするには良い製品です。

ちなみにパイロットのペンは紙の箱でした。

ボールペンはドクターグリップやジェットスリムがお気に入りです。
でもちょっと好きな色のボールペンで字を書くのも楽しい気もします。

カランダッシュのボールペンは少し芯が太いので、購入時にMに代えてもらいました。
それでも細字の0.5が好きな私には太い気がします
でも力が入るので書きたかった源泉納付書は綺麗に書けました。
買った甲斐があったかもしれません。

タカがボールペン、されどボールペン
2017_02
01
(Wed)22:17

新幹線にて

先週、東京に行ってきました。

いつもは安く上げるために、こだまを利用するのですが
今回は仕事だったので、のぞみに乗りました。
やっぱり速いです!

京都~東京を二時間半で走ります。
前にこだまで帰ったときには7時間かかったんです。
えらい違いです。

お金で時間を買うとしたら、やっぱりのぞみですね。

さてさて、いつも富士山を取り損ねるのですが
今回は天気も良く、名古屋をすんだ辺りからそわそわしておりました・・・
そこから待つこと1時間、やっと見えてきました。

壮大な富士山です。
IMG_3787_convert_20170124223004.jpg

同じように写真を撮っている音がしていました。
やっぱり富士山を見ると感動します。
静岡の人は良いですね~
毎日、見れるんですからね、羨ましいです。

翌日の帰りは一転して寒い一日となりました。
帰りの新幹線のアナウンスで、「滋賀県が雪のため速度を落として運転しますので到着が遅れます」とありました。
でも、窓の外は良い天気です。
どこの話だろうと思っていたら・・・米原の近くに来た頃から
山を抜けるとそこは・・・雪国でした。

IMG_3810_convert_20170124223058.jpg

し、信じられない・・・

彦根の辺りも一面真っ白で、新幹線はとろとろ走っていました。
結局京都に着くのが30分ほど遅れました。

なんてことない、京都市内も積もってはいませんでしたが
雪が舞っておりました

新幹線は大好きです。
何とも言えずあのデザインが好き。
北陸新幹線も快適でしたし、次は東北や北海道にも行きたいです。

金の生る木が欲しいです。

若い頃は旅行に興味がありませんでしたが
最近はこの"非日常"が何とも言えずいい感じで、ストレスから解き放たれます。

テレビも見ないし新聞も見ないので、世の中から隔離された感じがとても快適です。
生きている間に、日本のいろんなところに行きたいです。
2017_01
30
(Mon)22:11

聖女の救済

聖女の救済 東野圭吾著
seijyo.png
写真を撮るのを忘れたので、ネットから写真を拝借しました。

今回の本はまたまたガリレオ先生が大活躍するお話です。
東野圭吾氏の本は大好きですが、どうもこのシリーズは好きじゃありません。
どんなに本に集中しようとしても、湯川先生=福山雅治、内海薫=柴咲コウが頭の中でうごめきます。

本質的にドラマや映画を観てしまうと、そのイメージで本を読んでしまうタイプです。
良くないよなぁって思うのですが。
一時は内田康夫氏の本にハマっていて、ドラマと両方に没頭していました。

あかんあかん。

さて今回の本はガリレオとは知らずに読みました。
内容はやっぱり面白いし、どんどん読み進めてしまいます。
完全犯罪かと思いましたがやはり、湯川先生が解決してしまうのですね。。。

容疑者に惚れてしまった草薙刑事の心を思うと、痛かった・・・
切ないです。

感想は中の上って感じでしょうか。
2017_01
21
(Sat)16:41

希望荘

希望荘 宮部みゆき著
kibousou.jpg

久々の宮部みゆき本です。
最近は時代物が多かったので久方ぶりでした。

ペテロの葬列とかテレビでやっていた、杉村シリーズ第4作です。
探偵として本格的に仕事を始めるところから始まります。
テレビドラマでも最後は離婚というところで終わったのですが、この本もそこからです。

一つ一つの完結型の物語でしたが、内容はとっても面白く
どんどん読み進めました。

やっぱり面白いです。

探偵としてと見るよりも、ひとりの人間として
私がこんなふうに言われたら、こんなふうに対応できないなあ~って思ったり
いろんなことを思いつつ、事件に関わっていく主人公を客観的に見てました。

おすすめ本です
2017_01
15
(Sun)20:08

忌明け

先日四十九日が終わりました。
やっと一区切りって感じです。

お墓も決まったので4月に納骨をします。
仏壇も置かないって決めたのですが、モダン仏壇ってのが可愛かったので
箪笥の上にこじんまりと可愛い仏壇が置かれています。

お墓の在り方も変わってきていますし
仏壇の雰囲気も変わってきています。

私なんて輪廻転生を信じていないので、信心の欠片もない冷たい人間です。
残った人に負担がかからないことが一番かなってことを思うのですが。

家の登記も司法書士の先生にお願いしています。
専門家に任すのが一番ですね。

ただ、人がひとり亡くなることで、ほんとうにいろいろと大変なのだと改めて感じています。
そうやってその人がいなくなったことを乗り越えていくのだとも言われますが
父のように順番ならそうも思えても
軽井沢の事故のように、最愛の子がある日突然いなくなることを受け止められるはずがありません。

父のお墓をみに行ったときに、子供と同年代の子が亡くなっていました。
1995-2015とあったので20歳で亡くなったのでしょう・・・とても切ない気持ちになりました。
墓石にはバイクの彫り物があったので、バイクが好きだったのかなとも思います。

子供が先に逝ってはいけない。
これだけは鉄則です。
子供のお葬式をあげるのだけは絶対にあってはならないことです。
そう思うと、親を見送るのは至極普通のことですね。

今日は京都も大雪でした。
私の家は雪に埋もれて、スコップで避けないと家から出れませんでした。
みなさんは大丈夫でしたか?

明日の朝は、思いっきり冷えるようです。
道路が雪道が凍てることで朝の出勤が心配です。

みなさんも気を付けてくださいね。
2017_01
08
(Sun)19:50

陸王

陸王 池井戸潤著
IMG_3665_convert_20170108194316.jpg

創業100年の足袋屋さんが新規事業を立ち上げていくお話。
その中に陸上選手として茂木という一人の選手がサブとして書かれています。
涙涙。。。
何度涙を流したでしょうか。

従業員を大切にする事業主の元には、良い従業員が集まるのだと思います。
ラストも泣けました。

人とはいい時には集まってくるけれど
ダメになったとたんに去っていく
一番のどん底時に支えてくれる人が真の人間である

あ~~~本当に良い本でした。
ぜひたくさんの人に読んでほしいです。
2017_01
01
(Sun)22:57

海賊と呼ばれた男

2017年が始まりましたね。
今年はどんな年になるのでしょうか。

笑顔いっぱいの一年でありたいと思います。

さて、今日は新年早々、初詣にも行けなかったので
ファーストデイということで映画が1,100円で観れる日

予てから行きたかった映画館に行ってきました、
見たのはこれ

海賊と呼ばれた男
320_convert_20170101223343.jpg

母にも気分転換をと、連れていきました。
以前"永遠の0"も一緒に観に行きました。
その時も百田さんの原作で主演は岡田君でした。

今回はどんな映画なのかと楽しみにしていました。

感想は一言でいうと、面白かったです。
母には事前に、出光の創始者の話であることと、簡単なあらすじを話していました。

原作は単行本で二冊分ですから内容はとても長いのですが、
それを2時間ほどの映画でどう表すのかと、そこが見ものだと思っていました。

母は話の流れは理解できたようで、面白かったと言っていましたが
本を先に読んでしまった私としては、イマイチ物足りなさがありましたが
本当に映像は素晴らしく、涙涙・・・でした。

出来れば原作も読んでもらいたいなって思いました。
百田さんは、たかじんの奥さんの"殉愛"という本で悪評が立ち
私もとてもガッカリしましたが、それ以外の本はとても素晴らしいと思っています。

今年はいっぱい本を読んで、いっぱい映画を観て
非日常に逃れたい・・・いやいや・・・

感動したい。

感動するってことは大事なことだと思います。
この1年、いろんなことに感動して、いろんな人にも感動して
心豊かになっていきたいです。

今年もよろしくお願いいたします
2016_12
31
(Sat)21:13

大晦日

早いもので1年が終わります。
年々早い気がします

今年は資格試験に向けて勉強していたので、とくに忙しく感じました。
私の中では8月の発表で合格できるかも~って、軽く考えていたのがいけませんでした。
試験をなめていたらこんなことになります。

合格率も7割もあるから大丈夫だろうってタカをくくっていました。
実際は学科しか合格できず、実技試験をもう一度受けなおすことになり
そのための講座に通ったり、プライベートな用事もあり
おまけに一万人の第九にも参加することになり
12月の第一まで駆け抜けました。

それからゆっくりしようとしたら、一万人の第九コンサートの日に父が亡くなり
それからはいろんなことでまた忙しくなりました。

今年の一年を感じで例えるなら
"忙"かなぁ・・・

2016年の1月に産業カウンセラー試験を受けて
2月からは成年後見人講座に毎週参加し、
6月のキャリアコンサルタント試験に向けての勉強に明け暮れ
仕事の繁忙期を迎えてホッとした頃からは、再受験となり
この11月まで勉強ばかりしていた気がします。

もう二度と試験は受けたくないってのが実感です。
でも、2015年の4月から始めた産業カウンセラー試験のための養成講座に参加したことは、本当に人生においてプラスになりました。
メンタルについて勉強する機会が出来、知らなかったことをたくさん勉強しました。
この2年の勉強は、本当に素晴らしいものだったと思います。

一番のご褒美は、臨床心理士である娘との会話が増えたこと。
娘もメンタルに仕事をしているので、共通の話題ができたことが何より良かったと思います。

勉強って知らないことを学習するのでとても良いのですが
私の場合はフルタイムで働いているので、勉強時間を取るためにはストイックになってしまいます。
他のことがすべて出来なくなってしまって、のめりこんでしまうのです。
おかげで家中めちゃくちゃ・・・

2017年の目標は、家の片付けです。
要らないものを捨てることを始めていこうと思います。

あとは退職も考えていって、どんな風に生きていけばいいのかも模索したい。
すぐに結論は出ないけど、ゆっくりと考えていきたいです。

それと去年からの日本100名城巡り。
今年も頑張って廻りましたが、来年も続けていこうと思っています。
写真は時間を見つけて過去の分から、ブログに残すつもりです。
また見てください。

2017年は"ゆとり"の年にしたいです。

あ!目標がもう一つありました。
コケる回数を減らすこと!です。

28日も忘年会へ行く途中で、転びました。
膝小僧が腫れています。
10月にひどく転んで今も治療しているケガもあるので
来年は転ばないように!

頑張ります

ここに来てくださる皆様。
本当にありがとうございます。

2017年はもっと更新をマメにしていこうと思っています。

こんな私ですが、また来年もお付き合いよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。
2016_12
25
(Sun)22:39

お逮夜

仕事が忙しくて、土日もずっと出勤が続いているのですが
なんとかめどが立ち、父のお逮夜のために今日はお休みです。

人が一人亡くなるってことは、精神的にはもちろん、
金銭的にも時間的にも肉体的にも、とっても負担になります。
毎週ごとのお逮夜もなかなか難しく、3回目と7回目にお坊さんに来ていただくことにしました。
今回は少し奮発し、綺麗な花を用意しました。

IMG_3670_convert_20161225220123.jpg

家が狭いので結構なボリュウムです。
部屋も暖房しているのですが、夏ではないので結構持ちが良いようで嬉しいです。

我が家は父が次男なのと、私が一人っ子なのでお墓の問題では悩みが付きません。
でも今は、樹木葬とかいう、花壇のようなところにプレートを付けてもらい
最後は永代供養となるのがお勧めだそうです。

お墓を買っても、お守が大変だとかで、お墓離れが進んでいるとか。
お墓と言っても、「和」とか「夢」とか「南無阿弥陀仏」とか言った名前のお墓も多くなっています。
「〇〇家」というとなると、その名字の人しか入れないかららしいです。

難しいですね。
いろいろとこれからも見に行くことになりますが
やはり、お金が必要になるので、ちょっと辛いです。

叔母は、娘が一人いて彼女が独身なので
自分は大学病院の「献体」に申し込んだそうです。
これに登録すると、火葬まで終わって帰ってくるというので、子供に負担をかけないためとのことです。

何が正解ってのはないように思います。
それぞれの家族が、それぞれの範囲で出来ることをすればいいと思うし
お坊さんも、生きている人たちに負担にならないようにとおっしゃいます。

無理に盛大にする必要はないと思いますが、
どこまでが普通で、どこからがゴージャスなのかもわかりません。
ただ、出来る範囲でと思っています。

お仏壇も置かないと母が言うので、お位牌をどのように管理するのかとそれもまた考えないといけません。
今は「モダン仏壇」と言うのがあり、とてもハイカラなものがあり驚いています。

そうそう、お位牌もモダン仕様です

時代は確かに変わっているのだと感じます。
お線香立てやろうそく立ても、ピンクのセットがあるんですよ~
お世話する人が楽しくできるようであればと、お坊さんもおっしゃるのでとても気が楽になります。

次は四十九日です。
2016_12
25
(Sun)21:58

怒り

怒り 吉田修一著
IMG_3637_convert_20161225214757.jpg

映画で観たかったのですが、忙しくて見に行けなかったため本を読んでみました。
なんだかとっても微妙でした。
この作家さんの本は読んだことがなかったのもあり、
どういう書き方をされるのか、どういう考え方なのかというのもわからず
この1冊で判断するのもどうかと思いますが、とても切なくて終わり方が辛かった。

結局何もわからないの??
って思いが強く、そこまでの長い時間で読んできた人物像があって
それが結局、突然・・・「え?」って感じで・・・。

・・・・ネタばれしないようにと(;^_^A


映画ならまた違った感じを受けたかもしれないのですが
渡辺謙さんの映画をDVDで観てみたいです。

内容はとてもリアルで、良かったとは思います。
2016_12
19
(Mon)23:39

スイレン☆になる

予てから病気療養中の白文鳥のスイレンが亡くなりました。
私が帰るちょっと前に死んでいたみたいです。
家にいた者たちは気づかず・・・帰ってカゴをみていつもの場所にいないことに気づき・・・

もう、いくつなんだろう・・・
8年くらいかなぁ・・・

ある日、水浴びで外に居たら血だらけになっていたので
急きょ動物病院で縫ってもらって家に帰ってきたけれど
そのあとも何度も出血し、どんどん弱っていった・・・。

スイレンの彼女はそんなスイレンに寄り添うようにくっついていたなぁ・・・。

一度は持ち直したかのように見えたのに
どんどん弱っていってしまって、ここ数日は口をパクパクさせてた。
それでお頑張って頑張って生きていた。

苦しかっただろう
しんどかっただろう
痛かっただろう

楽になったよね・・・。

スイレンの両親も年老いて弱っているけれど
先に逝ってしまった

庭にみんなと一緒に眠ることになった。
「いつかまた会おうね」って声をかけて合掌。

いつか私がそっちにいったら、会おう。

考えたら何羽見送っただろう。
会った時に名前が分かるのかしら?とちょっと心配になってしまった

この前にも一羽、1歳の子を亡くしているので
ダブルパンチです

ペットが死ぬのは本当につらい。
悲しい・・・。

スイレン元気でね・・・
2016_12
17
(Sat)22:26

忘れ物

私はよく忘れ物をします。

公共交通機関に乗るときは、荷物は必ず手から離さずに腕にかけたままにしています。
だけど、昨日はちょっと気が緩んで、傘を座った椅子の前にかけてしまったのです。
で、やっぱり忘れてしまって、家に帰って手に何も持っていないことに気づく・・・わたし。。。

どこで忘れたのかも思い出せず、乗ったバスと思われるところに電話をしたら
なんとなんと、見つかった~~~

自分の傘の柄もあんまり覚えていないし
ほんと、いい加減だなって思いつつも、笑える~~~

忙しいのに、ちょっと忘れただけなのに、
バスの営業所まで取りに行かないといけなくて、結局往復3時間もかかってしまいました。
これを自業自得というのでしょう

よく忘れ物を取りに行くのですが
そういえば一度はお弁当を忘れたことがあります。
取りに行くのが恥ずかしかったなぁ・・・。

そういえばJRに乗ったときに、カーディガンのポーチを椅子に忘れて降りました。
クーラーが寒い時ようにカーディガンと同じ糸で編んであるポーチでしたので
降りた駅で連絡したのですが、結局出てきませんでした

この前は、ディズニーシーに行ったときに、ミラコスタで服を忘れて帰りました。
これはホテルから連絡がなく(ホテルから連絡してはいけないそうです)
こちらから電話をして初めて対応してくれました。

いつも、何かしらやらかしている・・・私です

値段にしたら大したことがなくても、使っているものってやっぱり大切なものです。
無くなるというだけでストレスになります。

今回の傘も、バスが車庫に帰るまではわからないと言われて
待っていた時間は長く感じました。
営業所で、見慣れた傘に出会ったときは嬉しく思いました
皆さんに迷惑かけて申し訳なく思います。

気を付けないといけません。

モノを落としたり忘れたりしないように
来年は頑張ろう!と決心しました
2016_12
12
(Mon)22:44

あの日

あの日 小保方春子著
IMG_3592_convert_20161212223127.jpg

理研の小保方さん。
本当にすごい騒ぎになりました・・・。
人ひとりが自殺するという結果になり、小保方さんは博士はく奪になった事件。
結局何がどうなっていたのかと、もやもやしたままの終焉でした。

この本が出た時は、「今更なに?」という思いもありました。
読んだ人からのコメントで、「ここまで書いていいの?」とあったり
はっきりとした経緯が書かれているのかと、気になっていた本でした。

読んでみて、これが本当なら小保方さん・・・可哀想って思いました。
それと同時に、詰めがすべてにおいて甘い人なんだろうと。

小説家でもないので、文章としてわかりにくかったり
ん?と思うこともありましたが、
実際は研究者といえども上下関係は厳しいでしょうし
結局都合よく使われて捨てられた、駒の一つでしかなかったという気がします。

会社でよくあることかもしれない。
池井戸潤氏の小説の中に出てきそうな話だとふと思ったり。

んんん・・・。

で、彼女はこれからどうするんだろうと気になるところです。

強くなってほしい。
言い訳ばかりしていても何も変わらないから
被害者であることをアピールすのはわかったから
前に向かって進んでほしいと
心から思います。

読み終えても心の中がもやもやしています。
2016_12
09
(Fri)23:20

銀行が嫌い

私は元々銀行が好きじゃない。
もとい、銀行マンが好きじゃない。

でも生活していく上では仕方がないし、利用はしているけど
どうしても好きじゃない。
お金がない人間だから余計にそう思うのかもしれない。

口座名義人が死亡したら止まってしまってお金が引き出せなくなる。
それは前から聞いていたけど、実際は葬儀費用などで一番お金が必要になるのに
そんなときにお金がおろせないっておかしくないのかなぁ・・・。

成年後見人養成講座の時にも、危なそうだなって思ったら
少しお金をおろしておかないと、ご家族がいらっしゃらない方の場合
とても困るのだと聞いた。

今回の我が家の場合も、葬儀屋さんへの支払いはクレジットカード不可と言われた。
おかしいよなあ・・・。

お葬式から納骨まで結構なお金が必要になるのに
自由にならないなんてほんとおかしい。
銀行が悪いわけじゃないけど・・・。

定期預金って融通が利かない。
やっぱり便利なのは普通預金。
なのに、銀行は定期預金をしてくれと言ってくる。
いざ定期にしたら、解約するときにはいちいちうるさくてなかなか手元に現金がもらえない。

定期預金なんて絶対にしない

一番いいのはタンス貯金かも

宝くじ「当たらないかなぁ~~~
2016_12
07
(Wed)22:02

父の人生の終わり

私の大イベント、一万人の第九コンサートが終了した2時間あと、
家の近くまで帰ったときに、父が危篤とスマホに連絡が入りました。

病院へ向かう家族の車に途中から便乗し、向かいましたが間に合わず・・・。
私の第九が終わるのを待つかのように逝ってしまった優しい父でした。

もし前日だったら・・・
もし本番当日だったら・・・

私の性格を知っている父だから、きっと私が心残りにならないようにと
今年最後の第九を歌わせてくれたのだと思います。

お通夜と告別式とバタバタと終わりましたが
これからがいろいろと大変なんですね。。。。

父は次男で、私は一人っ子なので、両親はお墓は買わないと言っていました。
もちろん仏壇も置かないと決めていましたが
実際、こうなるとそうはいかない気がしてきました。
我が家だけでなく、女性だけの家の方も多いと思いますし
結婚しない方も増えています。
昔のような「家」の在り方では無理があるような気がします。

この9月からすっと忙しく、毎週行事が入っていて
旅行も三度も行き、大忙しの連続で第九が最後のイベントでした。
そんな旅行にも他の行事をも、邪魔することなく49日まで予定を立てることが出来ました。

たまたま仕事が忙しい時期ではありますが
行事をキャンセルすることがなかったのは、ありがたいことです。
本当に、すごい父だと思います。

考えれば、今年は大切な文鳥も一羽☆になったし
家族も一人いなくなった・・・寂しい年ではありました。

でもお坊さんのおっしゃるのには
「生まれた時から死ぬ運命である」とのこと。
死ぬことを悲しむのではなく、どう生きるかがすべてだと思います。
83歳の誕生日を迎えて逝った父を悲しむのではなく
病気になって辛かっただろうことを思い遣り、よく頑張ったなあと褒めてあげたい気持ちでいっぱいです。

・・・ちょっと上から目線かも

ってことで、我が家は人間5人と
文鳥16羽・グッピー8匹・ネオンテトラ5匹・金魚4匹・メダカ6匹で
元気にやっていきま~す
2016_12
05
(Mon)23:41

一万人の第九コンサート 2016 本番

12月3日前日リハーサル、12月4日午前中ゲネプロ、午後本番
第34回目の一万人の第九コンサート開催です。

IMG_3612_convert_20161205232952.jpg
本番前の会場の様子

私が初めて参加したのは平成12年。
事務所の後輩に誘われての参加でした。
その頃の佐渡さんは、16回も一万人の第九コンサートをされていた山本直純さんの後を継いだ、2年目のことでした。
まだ佐渡ファンの若い女性がいっぱいで、キャアキャアと声が上がっていました。
今はすっかり一万人の第九が定番となり、佐渡さんも毎年いろんな企画を考えてます。

今年は特に良かったのは、佐々木蔵之介さんの詩の朗読。
迫力があり、ザワッと毛が立ちました。
素晴らしかったです。

Little Glee Monsterと共に"Hey Jude"を歌いました。
彼女らはまだ高校生。
あまりの上手さに驚きです。

そしてラストはメインのベートーベンの第九合唱。
毎年やっていますが今年は一番声が出なかったなぁ・・・。

9月から毎週予定があり、忙しい日々でした。
そんな中、第九にあまり集中できなかったのが一番の原因だったと思います。
いつもの感動も少なかったし・・・
やはり体調管理は必要ですね。
まず、そこをクリアしないと意味がありません。

来年は第九に集中し、本番が楽しいと思えるようでありたいと思います。

佐渡さんの汗だくだくの様子が感激です。
一生懸命な佐渡さん。
私も頑張って悔いのない日々を送りたいです。

毎年恒例のペンライトを振りながらの"蛍の光"はウルウルきます。
今年も頑張った自分を褒めてあげたい。。。(と思えるように心がけています)

お時間のある方は12月23日のお昼の放送をご覧になってください

追加

IMG_3604_convert_20161205233146.jpg
大阪城公園ホールにて開催されましたが、石垣がありました。
何年も通っているのに気づかなかったようです。
今は100名城の石垣にハマっているので、とても気になりました。

IMG_3614_convert_20161205233012.jpg
ちょうど大阪城がこんなふうに見えました。

ズームにして撮ったので近く感じますが、ちょっと離れています。
大阪城はこの前行ったので少し感慨深いものがありました。

やっぱりお城って素敵です
2016_11
28
(Mon)23:15

一万人の第九コンサート 2016 練習終了

今日で、この8月から毎週月曜日の練習が修了しました。
私が初めて参加した16年前からずっと同じ、明石先生。
時には厳しく、時には優しく、冗談が面白く大好きです。

始めたころは前の事務所に勤めていました。
後輩に誘われたのですが、ハマってしまいました。
ところがなんと私の担当の顧問先さんの娘さんが、趣味でその明石先生率いる合唱団に参加されていました。
私も入りたいなってことを思った時でしたので、一気に意気投合。

私たちにとって明石先生は師匠そのものです

大阪などは場所によってもレッスン会場がたくさんあり、
大阪では経験者クラスと初心者クラスとに分かれていますが、京都は一つだけです。
経験者クラスだと6回の参加で良いのですが、京都は経験者と初心者合同クラスなので全員12回の参加となります。
そのうち3回休むと当日参加できません。

これが結構しんどい

仕事のベルが鳴る5時半に片付けて会場へ飛んでいきます。
バスだと帰るのも1時間かかるので家に着くのが9時半。
なので、この日だけは事務所にはバイク通勤です。

今日もとっても寒かったです

それでも達成感はたっぷりです。
よく頑張りました!と自分を褒めてあげたい気分です。

今回の第九には京都出身の佐々木蔵之介さんが朗読されるそうです。
こちらも楽しみ

土日、頑張って歌ってきま~す
2016_11
27
(Sun)22:05

一万人の第九コンサート 2016 佐渡錬

今年も一万人の第九コンサートまであと一週間となりました。
今日は、大阪での佐渡裕さんのレッスン日です。
たった1時間半でしたが、笑いあり、トークあり、佐渡さんの信念ありと盛りだくさんのレッスンでした。

佐渡裕さんとの直前レッスンは毎年満席です。
各レッスン会場ごとに数日に分けて、一日3回行われます。
「これで今日は3回目で、ちょっと疲れてます」と笑ってられた佐渡さん。
やっぱりオーラが違う

第九に初めて参加したのは16年前で、【佐渡練】でナマ佐渡さんを見たときは
「なんてことない普通のオジサン」ってあの頃はまだ30代だったのに、落ち着いているなって印象でした。
でもでも、いざ指揮棒を持ったらすごいオーラが!!!
あの時の感激は忘れられません。

今日も800人を前に、会場を一つにまとめ上げてました。
当日は一万人をまとめるのですから、すごい方です。

やっぱり同じ京都人というのは大きいです。
親近感感じる~~~
みんなを褒めながらも直すところを指示しながら、一つの音楽を作っていかれます。
ほんとすごい人。

山本直純さんが長い間第九をされていたのですが
佐渡さんになってもう18年とか。
月日の経つのは早いですね。

今年の一万人の第九コンサート参加者は
下は6歳から上は92歳とか。
すごいなあって思います。

練習の間、立っているのもしんどくなります。
高い音域で大きな声を出すので、立ちくらみもおきます。
なのにすごいなあ・・・。

私はそんな歳まで無理だなぁ・・・。
でもね、当日の本番を終えるとね、また来年も参加したいって思うのです。
大阪城ホールが一体となります。

音楽が好きな人は一度は参加してほしいです。
お時間がある方は12月23日に放映されるので、テレビでちょっと見てみてください。
音楽は本当に素晴らしい。

音に国境はないし、言葉の違いもない。
音符はすべての人類共通だから。

昼イチは、キャリアコンサルタント試験があり
その面接試験が終わってからの参加でした。
ちょっとした気分転換です。

明日も京都での最終レッスンがありますが
そのあとは土曜日のリハーサルで来週は本番です。
あと一週間頑張ります
2016_11
13
(Sun)23:21

会いたかった人に会いました

10年とちょっと前にバーチャルで知り合った友人。
困ったときには優しいアドバイスをくれたり、支えてもらっていた人でした。
チャットで毎日のようにお話したりと、密度の濃かった時もありました。

その友達に勧められてブログを始めた2005年。

お互いいろいろあったけれど、会うことが出来ました
「赤ちゃんが生まれたら会いにいきたい!」
その思いに突き動かされて、すこし強引に会いに行ったところがありました。
残念ながらその時は、都合が悪くて会えませんでしたが
今度は、彼女が会いに来てくれました

会いたかったよ~~~

年賀状でお顔を拝見していたけれど、お電話でお話していたけれど
やっぱり実際に会うのとはまた違い、感激感激
とっても幸せなお母さんになっていました。

歳を重ねるってことは素晴らしいことです。

私はあの頃よりも10歳も歳を取ったけれど
私はあの頃よりも充実していると思えます。
幸せかどうかは・・・考え方次第かな。

会いたい人が居るって幸せなことだと思います。
友達って本当に温かい・・・。

これからもよろしくね
2016_11
08
(Tue)23:00

超多忙

この私、9月に軽井沢に旅行に行ってから、忙しくなり
10月に入った頃からは毎週のように予定がギッシリで
冬服も出してないし、家の片付けも出来てない・・・
12月の第一週の一万人の第九コンサートが終わるまで突っ走ります

正直しんどくて、身体もだるい・・・。
でも気を抜いてはいけないので頑張ります!!

10月には女子会での萩津和野旅行
先週は山陰、山陽の7名城ツアーとさすがに、毎月の旅行は疲れますね。

仕事がなければ良いんですけど・・・。

仕事を辞めたら自由だけど、経済的にしんどくなるので
旅行も行けなくなるだろうし、難しいところです。

年明けからは、今までのたまっていた写真と旅行記をアップしようと思っています。
ブログももっと書きたいし、年明けからは頑張ります。。

なんでこんなに忙しいのかなぁ・・・。

それに加えて、最近、心がちょっと弱くなっていて
いろいろ悩みます。
言いたいことを言いそうですが、結構本音は言わないタイプです。
軽口はどんどん叩くのですが・・・。

「人間やめたいな」とつぶやくと
「それ、人間嫌いの私のセリフやん」と娘がいいます。

私は性善説派なんですけど、娘は人間は自分勝手で損得で動くものであり
信用するに値しないと言い切ります。
それに比べて動物は正直で素直だと。
確かに生き物は純粋ですよね。
本能だけで生きてますから。

人間は知能が高い生物だからこそ、相手のことを思ったり気を遣って生きていく。
それが本音でなくても、相手のことを考えて関わっていく。
それが出来ない人が多いこと・・・。

偉そうに言ってますが、私も出来てません。
精神的に余裕がないと、我が出るし、子供にもあたってしまいます。
それでも、損得で人とは関わることはないつもりです。

でもでも、私の周りではそういう人の多いこと。

こんなことを言うと、相手はどう思うだろうと思いやることが出来ない人。
「あ~~~もう嫌だ、同じ世界に居たくない」と思ってしまいます。

娘のように、それが人間だと諦められない。
私の友達たちはとっても良い人ばかりで、心無い言い方はしないから。
人間は本来心優しい生き物だと思いたいから。

もっと、穏やかに笑って毎日を過ごしたい。
そう思っているのに・・・。

明日も仕事帰りに夜から出かけないといけません。
でもそうやって自分の居場所を作ることで、生きている意味も感じられるとしたら
それはそれで良いのかもしれない。

・・・なんてね。

先のことは誰もわからないから、今を一生懸命に生きていきたい。
忙しいことは幸せなのかもしれないですね。

また明日も頑張ります!
2016_10
25
(Tue)23:24

銭湯へ

家のお風呂を直しているので、今日はお風呂屋さんへ。
めちゃくちゃ久しぶりです。
娘に至っては、初めてだとのこと。

う。。。。ん

温泉が好きなので、旅行などではゆっくりと入りますが
銭湯となると少し趣がちがう。
これもオツナモノ。

でも不思議なことに、外人さんがいっぱいでした。
いれずみしていたりもするし、体格も大きいし・・・裸でも迫力満点

泡ぶろやジェット噴流のところだとか順に廻りました。
温泉だったらもっといいのにな。

私が子供の頃はみんな銭湯に通ってた。
神田川の世界です。
「でるよ~」と男湯のほうに声かけて、母と一緒に暖簾をくぐる。
あの頃は、よかったな~

最近は家にシャワーがあるので、立ってシャワーを浴びたりする。
そのまま同じように、温泉や銭湯でも立ったまま身体を洗ったり、シャンプーする人がいて目が点になるのです。
先週の旅行でもそうだったなぁ。

私よりも年上のおばさま方4人が立ったままで体を洗い
シャワーを流してた。
世の中どうなっているのだろう・・・と。

でも、こんなふうに昔を懐かしむことが
歳がいったということかもしれない・・・と思ったりしてます。

お風呂が直っても、時折銭湯に行きたいな~~
お風呂に入って寝れるって幸せなことです。
それだけでほんと幸せ~~~
2016_10
24
(Mon)23:00

受難

受難 帚木蓬生著
IMG_3003_convert_20161024230219.jpg
韓国・珍島沖で起きた大型フェリー沈没事故から始まる物語。
溺死しiPS細胞で蘇生された少女。
実際にこういうことが出来る世の中になってきたと思うと、ちょっと怖い。
スリルたっぷりで面白い作品でした。

帚木蓬生さんは精神科医なのですが、作品は読みやすく好きな作家さんです。
この本は結構分厚くて読みごたえがありました。
久々に、「読んだなぁ~~」って思えました。

やっぱりハードカバーの本がいい。
電子書籍は買う気になれない。
このインクと紙の手触りと、表紙の絵が好き。

やっぱり本が好きみたいです
2016_10
13
(Thu)20:16

花包秋

北斗晶さん一家がとても好きです。
癌告知前から好き。
健介さんがとっても好きで、お二人の夫婦が理想だった。

遅ればせながら、乳がんになられてからのブログファンです。
鬼嫁が通る

こちらで愛犬"花ちゃん"の風呂敷を以前販売されました。
その時は逃したのですが、今回はゲットしました。

hana_convert_20161013200204.jpg
すみません・・・勝手に花ちゃんの写真をいただきました
モデルはフレンチブルドッグの花ちゃんです。

hurosiki_convert_20161013200228.jpg
こんな柄です。

IMG_3078_convert_20161013200538.jpg
定価5,000円で値段的にはちょっと高いかと思いますが
品質はとっても良くて、大きさも大変大きいので用途は抜群です。
水も入れて運べるほどの生地です。

IMG_3079_convert_20161013200827.jpg
嬉しいことにお手紙まで入っていて、嬉しく感じました。
大切にしよう~~~

さっそく、週末の旅行に持っていきます
風呂敷ってとっても便利で~す。
2016_10
11
(Tue)12:48

うるおいの里は詐欺まがい

"うるおいの里"というサプリを、夏前に申し込みました。

でも、2か月ごろから飲むとお腹を壊すようになったので解約の電話をしました。
理由も訊かず、簡単に受けてくれました。
ただ、契約で4か月は購入しないといけなかったようで、
「9月初めに届くのは契約内です」と言われたのですが、そうなのかぁ・・・と諦めたのです。

ところが10月になっても商品が届く。
驚いて電話をしてみました。

が、なかなか繋がらない・・・
「ただいま電話が混みあっています」って初めからずっと流れている。
電話は一本か?と思うほど繋がらず、やっと繋がるまで待った待った。

それでも初めは穏やかに問い合わせしてました。
が、だんだんエスカレートし、最後はキレました

なんでも、解約の場合は
最後の商品が届いてから次の商品が届くまでに再度電話を入れないといけないとな!
ったく、解約するって電話しているのになんで?
それにそんなことは聞いてないし・・・。

そういうと、それはありません必ず伝えてますと。
解約の電話しているのにそれはどう考えてもおかしいでしょっていっても通じない。
それなら解約の電話をしてから、解約の書類を送るべきでは?と言っても無視。

「これって詐欺ですよね?」って言ってもどこ吹く風。。。。
「ネットに書きます」と言っても、「伝えてますから」と。

だんだん腹立ってきた・・・

もうええわ!状態となり、最後の分は購入する羽目に。
ほんとムカツク!!!

ネットで調べたら、結構"うるおいの里"のクレームで炎上してる。
詐欺だと言っている人も多い。
やっぱりそうなんだぁ・・・と反省しきり。

消費者センターに訴えるって人も多いけど
面倒で、もういいやって感じです。
ただ、お友達が同じように引っかからないようにと
ここに書くことにします。

まず、4か月契約しないといけないか確認してください。
初めは「500円」でお試しできますと書かれていますが
何のことない、一回ではやめられません。

次は解約時、出来れば電話内容録音しておく方が良いです。
解約で電話しているのに、
来月もう一度商品が届いてから、その後に解約電話をするようにとは絶対におかしい。
おまけに解約電話もなかなか繋がらない。

モノを頼むときには、評判を確かめて購入すること。
コレ原則ですね。

旅行に行くときには、まず利用者のアンケートをチェックします。
80点から90点以上のホテルを取ります。
なのに、サプリメントって身体に入れるものなのにもかかわらず
簡単に注文してしまった。

おかげでお腹を壊す羽目に。
合う人ももいるのでしょうけど、対応が悪いところにいい商品が作れるわけがない。
これはいつも思います。

人が作るものであれば、まず作る人の人柄や考え方が反映する筈。
先ずは人です。

ああああ・・・失敗です。
悔しい。
2016_10
10
(Mon)12:39

夜の動物園へ

夜の動物園へ行ってきました。
IMG_3056_convert_20161010121448.jpg

本当は9月の3連休に行く予定でしたが、雨のため中止。
今回の3連休はお天気もいいようで楽しみに出かけて行ったのですが
とても残念、あまり人気がないようです。

人がとっても少なかった・・・。
前日はもっと少なかったとのこと。
従業員さんの給料や、ライトアップの電気代などいろんな経費が掛かっているのに
元が取れなきゃ、来年は中止になるのかなと心配です。

IMG_3029_convert_20161010121630.jpg

IMG_3055_convert_20161010121856.jpg

とても綺麗な池でした。
昼間より良かったかも。

IMG_3030_convert_20161010121005.jpg
ペンギンのおうち。
夜でも立ってなるみたいで、なんだか寒そうでした。
この春に行ったときに、まだ子供だった子がいて写真を撮ったのですが
その子がまたとっても人懐っこくて、飼育係の人に「ご飯ちょうだい」とねだって手から魚をもらってました。
この子は、生まれてすぐに父親に死なれて、母親が独りで育ててたのですが
ある日から餌をやらなくなったらしく、園で人工飼育で育てたとのことで
とっても可愛いとおっしゃってました。

泣ける・・・

IMG_3036_convert_20161010122957.jpg
こちらはシロフクロウのメス。
メスは真っ白にはならないとのこと。

IMG_3045[1]_convert_20161010123318
こちらがオス。

まだ王子動物園から来たばかりで慣れていないとのことで奥に引っ込んでます。
娘がジェイソンの仮面のようだと怖がってました。
でもこちらはとっても綺麗な真っ白の羽でした。

ちなみに餌はマウス。。。
目の前で可愛い白鼠を・・・

狩りをする鳥なので、見つけると羽を広げて飛びつき、早い動作で飲み込みます。
こわ・・・
先ずは獲物を足で捕らえるそうで、その時に獲物にかまれても痛くないように
足の爪の際まで羽が生えているそう。
すごいなぁ・・・。

獲物は捕れない時もあるので、一週間に一日は餌がない日があるとのこと。
う・・・・ん。

傍のゾウさんがとてもうるさく鳴いていました。
聞くところによると、いつもより部屋の中に入るのが遅れるため
ご飯の時間が遅くなり、おなかが減って鳴くそうです。

夜の暗い動物園の中で、ゾウの声が響いてました・・・これもなんだか可哀想。
でもって、ちょっと怖い・・・。

夜の動物園ということで、ライオンやトラが歩いているのを観れるかと思ったのですが
ライオンは大イビキで、大きな猫のように寝ているし
トラに至っては、横向けにど~~~んと寝ている姿はまるで・・・
トラの敷物のようでした

などなど結構楽しい夜でしたが
やっぱり動物園は昼間が良いなと思いました。