幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

沈黙のパレード

沈黙のパレード 東野圭吾著
BAF050DB-4C58-4194-88ED-AE4105FA9905_convert_20190428221346.jpeg

図書館での予約が毎月900件を下らない。
ずっと人気のある本として一位のままでいつまで経っても順番が回ってこない本でした。
ところが事務所の後輩が貸してくれることに 
ラッキーです。

元々東野氏はブームになる前から好きな作家さんでした。
でもどうしても好きになれなかったのが、ガリレオシリーズ。
この本を読みながらも頭には福山君が浮かびます。
湯川という学者のキャラクターがどうしても福山君になってしまう。
それがどうしても苦手でガリレオシリーズはあまり読んでなかったのです。

ところがやっぱり面白かったです!
人気があるのは当然なのかな。

ネタバレしそうなので、アマゾンの紹介文を載せます。

『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛した普通の人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル
320_convert_20190210192500.jpg

観に行ってきました。

マスカレードシリーズで、マスカレード・イブとマスカレード・ナイトの3冊も読みました。
私の中で、新田刑事と山岸フロントクラークの人間像が出来上がっていて
今回の映画を観るか観ないかで悩みました。

キムタクはどうもイマイチで・・・。
検察側の罪人もイメージが違っていたのです。

東野圭吾さんの大ファンなので最近いろいろ映画化されてるので
これもどう演じているのか観てみたいって気持ちがあり、結局観に行きました。
感想は、まあ良かったかなって感じです。
小日向さんの役がとても良かったなぁ~

東野圭吾氏と池井戸潤氏の本が好きなので
次は”七つの会議”を観に行きます。

草花たちの静かな誓い

草花たちの静かな誓い 宮本輝著
IMG_5381_convert_20170917201346.jpg

ロサンゼルス在住の叔母の、突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか
。娘はいまどこにいるのか。弦矢は謎を追い始める――。
生き別れた母子の運命を豊かに描き出す長編小説。


宮本氏の本を初めて読んだのは中学生の頃だったと思います。
錦繍って本でした。
それからいくつかの本を読んでいくうちに、人柄がとても温かく感じ
勝手に女性だと勘違いしていた私でした。

人間描写がとても細やかで、心の声を上手に書いてられるので
読みながらも心が綺麗になっていく気がします。

この本はちょっとミステリーっぽかったので
ドキドキしながら読み進めました。
どうなるんだろう・・・・と次が気になって仕方がない。
惹かれる本でした。

最近の作家さんはこういう方が少ないように思います。

若い頃、藤原 審爾(ふじわら しんじ)氏が好きでした。
『さきに愛ありて』という本に感動して何度も読みました。
この方も心の描写が細やかでとても心打たれたのです。

最近知ったのですが、この藤原審爾氏は藤真利子さんのお父さんだということです。
知りませんでした・・・驚きましたね

最近の本も良いのですが、状況の描写だけよりも
その人の心の描写などが書かれている小説のほうが私は好きです。

秋の夜長、もっと本を読みたいです

海水浴

行ってきました~
大スキな海

珍しく子供たちが行ってくれることになったので
急きょ計画を立てました。
家の車が軽でオンボロなので、夜にレンタカーを予約しました。

やっぱり普通車は良いですねぇ~

行きは息子が運転しました。
う~~~~ん・・・山道なのに上手い!
私なんかよりも数段上手です。

PAP_0329_convert_20130804191505.jpg

いつもの海です。
綺麗な遠浅なのでいっぱい泳げました。

楽しかったです。

やっぱり海は良いですねぇ。
元気をもらって帰ってきました。

ちなみに、途中の道の駅で、白メダカと鯉の稚魚を買いました。
育つと良いな~

今日は天神さんへお礼参りに行って来ました。
tennjinn_convert_20121124172748.jpg

紅葉の様子です。
tennjinn4_convert_20121124172900.jpg

秋に来たのは初めてでしたがやはり天神さんは梅の時の方が綺麗でした。
また3月頃に行きたいです。

京都市内は他府県の車でいっぱいです。
市バスも観光客で満員でバスが遅れる遅れる
1時間ほどバスを待っているという方も居ました。

増便するとかもう少し考えて欲しいです。
観光客の方も移動で疲れてしまいますね。

京都が変わる

京都駅にある"京都劇場"で劇団四季の公演があります。
私も何度か観に行ったことが有るのですが
本当に感激したものです。

すべての方がすべての役をこなせるようになっているのです。
その素晴らしさにはいつも感激を覚えました。
ところが朝刊の記事に載っていた記事に驚きました。

劇団四季 京都公演撤退

10月8日で終わるそうです。
初めて観たのは"オペラ座の怪人"でした。

とても残念です
終わるまでに日がないので観に行くことも出来ないのがこれまた残念。
京都はやはり難しいところなのでしょうか・・・。

そして、もう一つ京都人には大きな出来事

京都公立高校の総合選抜廃止

【十五の春を泣かせない?】

共産党・社会党を与党につけて、1950年から京都府知事を7期28年に渡って務めた、
知事、故・蜷川虎三氏の教育スローガンです。
同じ試験を一斉に受けて合格者をバス停方式で各公立高校に順番に振り分けていくのです。
バス停が微妙なラインに居る人は年度によって通う高校が変わります。

人気校の近くに住所がない人は引っ越しをしたり、親戚の家に住所を移して受験します。
それで15歳の子がまんべんなく高校に平等に入れるようにとことでした。
特進という2類、3類は単独選抜ですので学校ごとに定員割れをおこしているところや
倍率の高いところがあるのですがダメだったときには、受け皿として総合選抜のⅠ類でどこかに入学できます。

その制度を廃止するとのこと。
私も総合選抜でしたし子供達もそうでした。
でも間もなく20歳になろうとしている息子の中学の時に廃止案がありました。

そしてやっと今年決まったようです。
すべて単独選抜だと高校浪人が増えるのではないかとの心配もあります。
今でも人気校、不人気校の差が激しいので学校側も大変になります。

通う高校の名前を訊いただけで偏差値がわかってしまう方針は好きではありません。
私立ならいざ知らず、公立は平等で良かったのに・・・なんて思う私です。
今までにもクラブや生徒会の20%枠の入学制度もあったので
私の子供の頃のようなことは無くなっていましたが
すべてを無くしてしまうということに少し動揺しています。

公立だった私は小学校からずっと近場のみんなと一緒だったので今も仲良しです。
それが良かったんですけどね・・・・。

地域性って大切だと思うのは北の方に住む人たちだけだと言われたこともあります。
京都ってほんと閉鎖的

資格ブログにも書きましたが、厚生年金基金廃止の記事もあり
盛りだくさんの話題で、今日は驚きの朝でした。

猫 (=^. .^=)ミャー

朝、家のドアの前まで猫ちゃんが来てました。
(=^. .^=)\(^-^ ) ヨシヨシってしていると母が現れて
「しー!あっちへ行きなさい」って追い立てました。

私は隠れて頭を撫でてやりたかったのに・・・母はずっと表で見張ってました。
仕方なく出勤用意をしていると
「ぎゃ~」って叫び声。

母がプンプン怒って家に入ってきました。
「やっぱり野良猫やわ。あんなの触って手を洗いなさいよ
って言いながら何を言うかと思ったら・・・
鳥の死骸が庭に落ちているとのこと

「家の塵取りも箒も使わず処分して」と叫び廻っておりました。
結局ダンナにお願いすることに。

その間も散々猫の悪口をずっと言っていた母です。

でもね・・・それって違うよねぇ
たぶん猫ちゃんは褒めて欲しかったんだと思う。

獲物を持ってきて
「ほら、私ってすごいでしょ~」って朝一番に挨拶に来たんだと思うのです。
食べ物には困らないのです。
お向かいの家で食事は調達しているし、私も時折あげているのですから。

たぶん自慢したかったんだと思ってます。

餌が欲しいときだけ寄ってくる野良猫ちゃん。
とても可愛いのです。

なんで母はあんなに猫が嫌いなんだろう・・・。
そういえばハムスターも嫌いです。

私はなんでも好きなのになぁ~
水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
♪♪音符がフルフル♪♪