幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一万人の第九コンサート 2016 本番

12月3日前日リハーサル、12月4日午前中ゲネプロ、午後本番
第34回目の一万人の第九コンサート開催です。

IMG_3612_convert_20161205232952.jpg
本番前の会場の様子

私が初めて参加したのは平成12年。
事務所の後輩に誘われての参加でした。
その頃の佐渡さんは、16回も一万人の第九コンサートをされていた山本直純さんの後を継いだ、2年目のことでした。
まだ佐渡ファンの若い女性がいっぱいで、キャアキャアと声が上がっていました。
今はすっかり一万人の第九が定番となり、佐渡さんも毎年いろんな企画を考えてます。

今年は特に良かったのは、佐々木蔵之介さんの詩の朗読。
迫力があり、ザワッと毛が立ちました。
素晴らしかったです。

Little Glee Monsterと共に"Hey Jude"を歌いました。
彼女らはまだ高校生。
あまりの上手さに驚きです。

そしてラストはメインのベートーベンの第九合唱。
毎年やっていますが今年は一番声が出なかったなぁ・・・。

9月から毎週予定があり、忙しい日々でした。
そんな中、第九にあまり集中できなかったのが一番の原因だったと思います。
いつもの感動も少なかったし・・・
やはり体調管理は必要ですね。
まず、そこをクリアしないと意味がありません。

来年は第九に集中し、本番が楽しいと思えるようでありたいと思います。

佐渡さんの汗だくだくの様子が感激です。
一生懸命な佐渡さん。
私も頑張って悔いのない日々を送りたいです。

毎年恒例のペンライトを振りながらの"蛍の光"はウルウルきます。
今年も頑張った自分を褒めてあげたい。。。(と思えるように心がけています)

お時間のある方は12月23日のお昼の放送をご覧になってください

追加

IMG_3604_convert_20161205233146.jpg
大阪城公園ホールにて開催されましたが、石垣がありました。
何年も通っているのに気づかなかったようです。
今は100名城の石垣にハマっているので、とても気になりました。

IMG_3614_convert_20161205233012.jpg
ちょうど大阪城がこんなふうに見えました。

ズームにして撮ったので近く感じますが、ちょっと離れています。
大阪城はこの前行ったので少し感慨深いものがありました。

やっぱりお城って素敵です
スポンサーサイト

一万人の第九コンサート 2016 練習終了

今日で、この8月から毎週月曜日の練習が修了しました。
私が初めて参加した16年前からずっと同じ、明石先生。
時には厳しく、時には優しく、冗談が面白く大好きです。

始めたころは前の事務所に勤めていました。
後輩に誘われたのですが、ハマってしまいました。
ところがなんと私の担当の顧問先さんの娘さんが、趣味でその明石先生率いる合唱団に参加されていました。
私も入りたいなってことを思った時でしたので、一気に意気投合。

私たちにとって明石先生は師匠そのものです

大阪などは場所によってもレッスン会場がたくさんあり、
大阪では経験者クラスと初心者クラスとに分かれていますが、京都は一つだけです。
経験者クラスだと6回の参加で良いのですが、京都は経験者と初心者合同クラスなので全員12回の参加となります。
そのうち3回休むと当日参加できません。

これが結構しんどい

仕事のベルが鳴る5時半に片付けて会場へ飛んでいきます。
バスだと帰るのも1時間かかるので家に着くのが9時半。
なので、この日だけは事務所にはバイク通勤です。

今日もとっても寒かったです

それでも達成感はたっぷりです。
よく頑張りました!と自分を褒めてあげたい気分です。

今回の第九には京都出身の佐々木蔵之介さんが朗読されるそうです。
こちらも楽しみ

土日、頑張って歌ってきま~す

一万人の第九コンサート 2016 佐渡錬

今年も一万人の第九コンサートまであと一週間となりました。
今日は、大阪での佐渡裕さんのレッスン日です。
たった1時間半でしたが、笑いあり、トークあり、佐渡さんの信念ありと盛りだくさんのレッスンでした。

佐渡裕さんとの直前レッスンは毎年満席です。
各レッスン会場ごとに数日に分けて、一日3回行われます。
「これで今日は3回目で、ちょっと疲れてます」と笑ってられた佐渡さん。
やっぱりオーラが違う

第九に初めて参加したのは16年前で、【佐渡練】でナマ佐渡さんを見たときは
「なんてことない普通のオジサン」ってあの頃はまだ30代だったのに、落ち着いているなって印象でした。
でもでも、いざ指揮棒を持ったらすごいオーラが!!!
あの時の感激は忘れられません。

今日も800人を前に、会場を一つにまとめ上げてました。
当日は一万人をまとめるのですから、すごい方です。

やっぱり同じ京都人というのは大きいです。
親近感感じる~~~
みんなを褒めながらも直すところを指示しながら、一つの音楽を作っていかれます。
ほんとすごい人。

山本直純さんが長い間第九をされていたのですが
佐渡さんになってもう18年とか。
月日の経つのは早いですね。

今年の一万人の第九コンサート参加者は
下は6歳から上は92歳とか。
すごいなあって思います。

練習の間、立っているのもしんどくなります。
高い音域で大きな声を出すので、立ちくらみもおきます。
なのにすごいなあ・・・。

私はそんな歳まで無理だなぁ・・・。
でもね、当日の本番を終えるとね、また来年も参加したいって思うのです。
大阪城ホールが一体となります。

音楽が好きな人は一度は参加してほしいです。
お時間がある方は12月23日に放映されるので、テレビでちょっと見てみてください。
音楽は本当に素晴らしい。

音に国境はないし、言葉の違いもない。
音符はすべての人類共通だから。

昼イチは、キャリアコンサルタント試験があり
その面接試験が終わってからの参加でした。
ちょっとした気分転換です。

明日も京都での最終レッスンがありますが
そのあとは土曜日のリハーサルで来週は本番です。
あと一週間頑張ります

28年も第九参加

去年は抽選に洩れてしまいましたが、今年は出演できることになりました。
昨日の月曜日は第一回目の練習でした。
台風の影響で大雨の中、バイクで参加です。

それもまた楽しい~

座った席の両隣が初参加の方々でした。
そんな頃が懐かしい~
お一人は、小学生のお子さんとまだ8ヵ月の赤ちゃんを預けての参加で
やる気がみなぎっていました。

見習わなきゃ!

楽譜が毎年発売されるのですが、表紙の絵が変わります。
どんどんハイカラになっていくので、羨ましかったりします。
なんせ、私の楽譜は平成12年版ですから

この16年・・・思い起こせば色んなことがありました。

前の事務所の後輩の紹介で始めた第九。
佐渡裕さんのお人柄に惹かれて、それからも続けていましたが
事務所を代わることになり、社労士の勉強のためにお休みしていた時もあります。

ほんとにいろんなことがあったなぁ・・・と
同じ会館で同じ先生に教えてもらっていることに、感慨深いものを感じました。

参加されている方は年配の方も多いです。
私なんてまだまだ若輩者。
それなのに、立っていることがしんどくて、いつもヘロヘロになってしまいます。

全部で16回で、そのうち2回しか休めません。
その他に、佐渡連(佐渡裕さん直々の練習)が1回あり、本番前日のリハーサルで本番です。

12月23日にテレビで放映されますので
機会があればぜひ見てください。

いくつになっても出来る限り、これだけは続けます。
友達と、「駅前の階段が上がれなくなったら、リタイヤやね」と決めています。

ドイツ語もすっかり忘れているし
暗譜しなければいけないので、また秋からは必死になると思います。
がんばろ~~~ぅ
水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

♪♪音符がフルフル♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。