幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

新月譚

新月譚 貫井徳郎著
74B12A53-CA89-44CB-A18D-6538B22204BF_convert_20180207225442.jpeg

最近、貫井氏の本にハマっています。
偶然なんですが、ふと作者を見ると、「あっ貫井さんだ~」ってことに。
本当に引き込まれてどんどん読み進めてしまいます。

この単行本は3.5センチもあって、パージ数は560ページ
持って歩くのも重いほどの本でしたが、片時も離さず読み終わりました。

主人公は女性なのですが、どうしてこんなにも女性の気持ちがわかるのかと思うほど。
凄いなあ~小説家って。

後藤和子が21歳の時に木ノ内と知り合い、二人の仲が不倫という間になってしまっても
木ノ内を愛し、木ノ内も和子を愛する。
しかし、木ノ内への愛が小説家になることへの力となり、ベストセラー作家となる和子。
一度は木ノ内を諦めようと整形手術で別人になり自分を消したいと思う和子。

普通の恋愛小説ではないと思えるほどの愛。
読みごたえがたっぷりでした。

もともとはミステリー作家のようですが
こういう本も書かれるのかと。
貫井さんの本をすべて読んでみたいと思っています。

そうそう、最近見つけた読書管理アプリ
ビブリア
私は中学生の頃から読んだ本をすべて手帳に書き込んでいるのですが
その時にこんなのがあればなあと思いました。
バーコードで読み込めて便利です。

宿命と真実の炎

宿命と真実の炎 貫井徳郎著
39DF3DBB-44BE-4FD0-BA3F-E3CAD7855B9C_convert_20180121194842.jpeg

仕事にしがみつく女刑事と警察を離れた男の因縁。
復讐だけを生きる糧にするふたり――。
幼い日に、警察沙汰で離れ離れになった誠也とレイ。
大人になって再会したふたりは、警察への復讐を誓い、その計画を着実に遂行する。
一方、事故か他殺か判然としない警察官の連続死に、捜査本部は緊迫する。
事件を追う所轄刑事の高城理那は、かつて“名探偵”を呼ばれた西條の存在を気にしていた。
スキャンダルで警察を去り、人生を暗転させた男。
彼だったらどう推理するのか――。


以前読んだ”後悔と真実の色”の続編
しばらく時間が空いていたので、あの時のメンバーを思い出しながらで読むのに時間がかかってしましました。
ジョーさんと呼ばれていた西條さんがあまり出て来なくて、ちょっと寂しいと思っていたら
要所要所に現れました。

ほんと、面白いです。
最後がまた・・・怖い。。。。

東野圭吾さんが一押しだけれど、最近は貫井さんも良く読んでます。
このシリーズは続けてほしいと思います。

最高でした

ブラックオアホワイト

ブラックオアホワイト 浅田次郎著
AAB6911A-1A82-4286-87CB-02DEDEAD5924_convert_20180103190851.jpeg

浅田次郎氏は蒼穹の昴を読んだとき以来です。
蒼穹の昴はとても面白かったのですが、この本は物語のようでそうでもないので
面白いというのとは違う気がしました。

本屋さんで見つけて読みたいなって思ったのですが
思っていたのと違う感じでした。

「近ごろ、よく眠れるかい」久しぶりに再会した都築君はそう言って語り始めた。
三代続くエリート商社マンだった彼の輝かしい人生を暗転させた美しい悪夢の数々、そしてその果てに見たこの国の本性を――。バブル全盛期、経済の最前線に立った一人の男の「夢」を通して近代日本の実像を描き出す、野心に満ちた長篇現代小説。


白い枕と黒い枕を選ぶことで夢が変る。
スリリングな体験は黒い枕をハッピーな夢は白い枕を。
それぞれ選ぶことで体験したことを話す都築君。
それを聞いている"僕"が主人公になっています。

感想は〇です。

雪の断章

雪の断章 佐々木丸美著
FF84B5D2-338D-4880-8A84-D2CFAF84AC0A_convert_20171208225629.jpeg

迷子になった五歳の孤児・飛鳥は親切な青年に救われる。
二年後、引き取られた家での虐めに耐えかね逃げ出した飛鳥に手を伸べ、手元に引き取ったのも、かの青年・滝杷祐也だった。飛鳥の頑なな心は、祐也や周囲の人々との交流を経て徐々に変化してゆくが…。
ある毒殺事件を巡り交錯する人々の思いと、孤独な少女と青年の心の葛藤を、雪の結晶の如き繊細な筆致で描く著者の代表作。


会話よりも心の葛藤がいっぱい書かれていてギッシリと文字が並び、読むのにとても時間がかかりました。
7歳だった女の子を15歳ほど上の男性が育てていくのですが、いつの間にかハマってしまい
自分が20歳の主人公になったような気持ちになり、祐也さんを想像しドキドキすることも。

著者は1949年生まれで2005年に亡くなっています。
この表紙に惹かれて読み始めたのですが、描写がとても心に穏やかに入っていきました。
昭和の匂いのする世界で、少し違うよなあって思うこともありましたが
人を想う心の純粋さ、言葉で語るのではなく態度で会話することの大切さも感じました。

本当に本当に読んでよかった本でした。
ネットを見ると佐々木さんのファンが結構いらして、佐々木さんの本をまた読んでみたいと思っています。
もし可能ならすべて揃えてみたい気持ちです。

ネットでの情報ですが佐々木さんの本は人物画繋がっていて
相関図を書こうかと思われている人もあるようです。

祐也さんのような人に出会いたかったと
思います・・・

夜の谷を行く

夜の谷を行く 桐野夏生著
641A2A02-B38E-49FF-9B63-4B48325A1DFA_convert_20171202194336.jpeg

数年前は桐野さんの本をよく読んでましたが最近はとんと読まなくなりました。
この本は少し前に本屋さんで見つけて読んでみたいなって思ったので、図書館で予約しました。

図書館の本は2週間しか借りられないので、文字がぎっしりだとなかなか読めませんが
この本はとても読みやすかったです。
ただ、内容が・・・・。

皆さんはお若いから、あさま山荘事件ってご存知ないかと思います。
連合赤軍とか昔はとても怖いと聞きました。
浅間山ときくと、どうしても"あさま山荘事件"が頭にちらつきます。
でもその頃は私も小さかったので何も覚えておらず、
赤軍派は怖いというイメージだけでした。

この本はその中で一緒に行動した女性のお話です。

永田洋子という幹部の死から始まります。
永田洋子という人が実在の人物なのかも知らず、「総括をした」と書かれていても
総括が何かがわからない・・・。
リンチがあったとされるとのことだけれど、そういったことをずべて知っている上で読まないと全くわからない本でした。

私はそういった知識がなく読み進めたので
思わず本を閉じてしまったほどです。
でも、やっぱりちゃんと知っておくべきかとも思い
ネットで知識を入れて読みました。

「連合赤軍」の真実に挑む
連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から四十年余。
西田啓子はメンバー同士でのリンチ殺人「総括」から脱走した一人。
リンチ殺人の舞台となった山岳ベースから脱走後逮捕されて、5年間服役。
約40年たった今は、過去を語らず一人で静かに暮らしている。
しかし2011年2月、元連合赤軍最高幹部・永田洋子死刑囚の獄中死をきっかけに、
かつての仲間や「夫」から連絡が入り、その約1か月後に東日本大震災が起きる。


ネットで読まれた方の感想などを見ましたが、良かったというのが多かったようです。
私は・・・う~~~ん、微妙。
実際にはちょっとエグイところもあったし、怖いと思うところもありましたが
終わりは予想していた感じで終わったので、良しとします

鳥人計画

鳥人計画 東野圭吾著
51Q295PBW4L__SX329_BO1,204,203,200__convert_20170901204930

「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。

少し前の本なんですが、東野さんが好きなので読んでみました。
話の展開はとても面白く、引き込まれていったのですが、最後のほうの終わり方にとても疑問を感じました。

なぜ自首しない?
なんのために犯人は楡井を殺した?
峰岸はなぜ楡井を殺そうと思うほどの気持ちになったの?

この本は人間の描写が少なく、心の中などがしっかりと書かれていないと思いました。
あまりにも切なく、ひどい・・・と読むんじゃなかったと、思う気持ちになりました。

展開は面白いのですが・・・。

人に罪を負わせて、真相を伝えないのはちょっと違うと思います。
許せない気持ちがもやもや・・・。

そんな本でした。

孤道

孤道 内田康夫著
IMG_5079_convert_20170815193039.jpg

舞台は和歌山の熊野古道
時折大阪や京都も出てくるのですが、関西弁が溢れています。

内田さんの最新刊なんですが、この本は未完のままの発売です。
ファンのくせに知らなかったのですが、2015年に脳梗塞で倒れられてリハビリをされていたようです。
後半を一般公募されています。
あとがきにはまだマヒが残っていて、いつかは書きたいとは思うもののなかなか難しい状況なので
才能ある人に執筆してもらい、その人を世に出すきっかけとなればとの考えだそうです。

内田康夫さんが休筆宣言

浅見光彦シリーズも長くなりました。
昔は辰巳拓郎さんがされていました。
爽やかな内容で私は若い頃から好きでした。
物足りなく思うのは、犯人は結構な確率で自殺してしまうこと。

とても残念・・・。

この小説も途中で終わっているので消化不良・・・って感じです。

いつか出るであろう続編を楽しみにしています。

後悔と真実の色

後悔と真実の色 貫井徳郎著
IMG_5084_convert_20170807201140.jpg

この本は3センチもあります。
ページ数では700枚ほど。
持って歩くのも重い本でしたが私はとても面白かったです。

"悪"を秘めた女は駆除する――。
若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。
捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮 地に立たされる。
これは罠なのか?男たちの嫉妬と裏切りが、殺人鬼を駆り立てる。挑発する犯人と刑事の執念。
熾烈な攻防は驚愕の結末へ。第23回山本周五郎賞受賞作。


ネットで他の人たちの感想を読んでいると、イマイチだとか書かれていますが
私はとってもとっても良かったなあ~~~
事件的な推理物としての展開はイマイチかもしれないけれど
登場人物の描写や心の動きがとても良かった。
私はそういう本のほうが好き。

続編と言われる”宿命と真実の炎”も読んでみたい。
貫井さんの著書を最近読み始めたけれど、とても惹かれる。

若い頃好きだった作家さんを今ではあまり読まなくなったのは
その人の本に飽きたのか、
それとも私自身が変ったから惹かれなくなったのか、
とても気になるのです。

まああまり深く考えず、好きだと思える本に出会いたいと思います。

望み

望み 雫井脩介著
IMG_4955_convert_20170607204957.jpg

雫井さんの本は何冊か読んでいるのですが
とっても心にズシッとくるなあってのが本音です。

今回のこの本も
自分の息子が未成年者を殺した犯人かもしれないと両親が思い悩み
一方では被害者となって死んでいるのかもしれないと不安になり
息子が行方不明になってからの日々をすごす様子がつづられています。

加害者だったなら、仕事はもちろん今の生活はすべてなくなってしまう。
被害者だったとしたら、命はない。。。

どちらも辛いけれど、そのどちらかしかない。

加害者で有って欲しくないと思う父親の気持ちと
加害者でもいいから生きていてほしいと思う母親の気持ちがとてもつらい・・・。

一生懸命育てた息子がとんでもないことをしでかした
子供の頃は優しい可愛い子だったのに
いつの間にかナイフを隠し持っている子になった。

親として、そのナイフを取り上げたことが
結果として良かったのか・・・それが悲劇を生んだのか・・・

同じ息子を持つ親として他人ごとではなかった。
男の子だからとあまりうるさく言わなかったことがいけなかったのかと
自問自動する母親の気持ちは手に取るようにわかった。

とても重く、辛い本でした。
最後は泣けて泣けて・・・涙で文字が見えなくなりました。
今の世の中、子供同士のいじめが蔓延る中
とても身近な出来事だと私は思います。

道徳の時間に読んでほしい本かもしれません。

雪煙チェイス

雪煙チェイス 東野圭吾著
IMG_4949_convert_20170604202554.jpg

被疑者である大学生を警視庁よりも先に所轄刑事が捕まえるようにと言われ
ゲレンデを舞台に繰り広げられるサスペンス。

あらすじでは、どんでん返しと書いてあったので、
読みながらもこの人が裏切るのかと考えながら読み進めました。

全然違ったので肩透かしを食らった気分でした。
でも、どうなるのかとドンドン引き込まれていきました。

東野さんは今は私の一押しです!

水の柩

水の柩 道尾秀介著
IMG_4921_convert_20170530224129.jpg

久々の道尾さんの本でした。
今回のお話は主人公が中学生。
同級生の女の子がいじめに遭っていることに気づかなかったことでいろいろと思い悩み、
一方、祖母との関係も温かく描かれている。

中学生がこんなにいろいろと考えるものなのか
こんなに人に優しいのか・・・と思ってしまった私。

自分の中学生時代と比べてあまりにもしっかりしている姿に驚いた。
そしてイジメのすごさも感じたなぁ・・・。

いろいろと考えさせられる本でした。

幻庵

幻庵 百田尚樹著
IMG_4750_convert_20170523222043.jpg

やっぱり百田氏の本は面白い!
そう感じる本でした。

内容が分からず読み始めましたが、初めの頃はわけがわからず何度も読み返しました。
碁にかけた少年たちが名人を目指すまでのお話です。
奥の深い物語でした。

一冊の本がとても分厚く読むのにちょっと苦労しました。
久々に本に明け暮れる毎日でした。

百田氏の本はみんな面白いのですが、やはりあの殉愛がガッカリする本でした。。。残念。

幸福な生活

幸福な生活 百田尚樹著
IMG_4725_convert_20170504153726.jpg

短編集です。
元々長編モノが好きなのですが、これはとても素晴らしいと思いました。
っていうか・・・とても怖い・・・
最後のページの一行が心にずっしりときます。

百田さんっていろいろ言われているけれど、作家としてはやっぱりすごい人だと思いました。

とても読みやすいのでおすすめです

アンマーとぼくら

アンマーとぼくら 有川浩著
IMG_3839_convert_20170212221816.jpg

この本はあまり期待しないで読みました。
自分の義理のお母さんとのお話です。

主人公と義理のお母さんとで亡き父との思い出を廻るべく
沖縄で一緒に観光した時のことを思い出し、同じように廻る中での二人のお話です。

有川さんの著書は、阪急電車とか図書館戦争だとか、明日の子供たちを読みました。
いつもすごいと思うのは心の描写です。
毎回心の描写に涙しています。

今回も期待を裏切らなかった・・・。
恥ずかしながら外で読んでいて、泣いてしまった私です。
人に呼び止められて、涙ウルウルしているのを見られて恥ずかしく思いました。

子供なお父さんが大好きで、そんなお父さんに良い嫁さんもらったなっていってあげられる息子。
とても素敵な家族の形です。

とっても感動しました。
読んでよかったな・・・と思える本です。

沖縄は一度しか行ったことがないのですが
もう一度行きたくなりました。

聖女の救済

聖女の救済 東野圭吾著
seijyo.png
写真を撮るのを忘れたので、ネットから写真を拝借しました。

今回の本はまたまたガリレオ先生が大活躍するお話です。
東野圭吾氏の本は大好きですが、どうもこのシリーズは好きじゃありません。
どんなに本に集中しようとしても、湯川先生=福山雅治、内海薫=柴咲コウが頭の中でうごめきます。

本質的にドラマや映画を観てしまうと、そのイメージで本を読んでしまうタイプです。
良くないよなぁって思うのですが。
一時は内田康夫氏の本にハマっていて、ドラマと両方に没頭していました。

あかんあかん。

さて今回の本はガリレオとは知らずに読みました。
内容はやっぱり面白いし、どんどん読み進めてしまいます。
完全犯罪かと思いましたがやはり、湯川先生が解決してしまうのですね。。。

容疑者に惚れてしまった草薙刑事の心を思うと、痛かった・・・
切ないです。

感想は中の上って感じでしょうか。

希望荘

希望荘 宮部みゆき著
kibousou.jpg

久々の宮部みゆき本です。
最近は時代物が多かったので久方ぶりでした。

ペテロの葬列とかテレビでやっていた、杉村シリーズ第4作です。
探偵として本格的に仕事を始めるところから始まります。
テレビドラマでも最後は離婚というところで終わったのですが、この本もそこからです。

一つ一つの完結型の物語でしたが、内容はとっても面白く
どんどん読み進めました。

やっぱり面白いです。

探偵としてと見るよりも、ひとりの人間として
私がこんなふうに言われたら、こんなふうに対応できないなあ~って思ったり
いろんなことを思いつつ、事件に関わっていく主人公を客観的に見てました。

おすすめ本です

陸王

陸王 池井戸潤著
IMG_3665_convert_20170108194316.jpg

創業100年の足袋屋さんが新規事業を立ち上げていくお話。
その中に陸上選手として茂木という一人の選手がサブとして書かれています。
涙涙。。。
何度涙を流したでしょうか。

従業員を大切にする事業主の元には、良い従業員が集まるのだと思います。
ラストも泣けました。

人とはいい時には集まってくるけれど
ダメになったとたんに去っていく
一番のどん底時に支えてくれる人が真の人間である

あ~~~本当に良い本でした。
ぜひたくさんの人に読んでほしいです。

怒り

怒り 吉田修一著
IMG_3637_convert_20161225214757.jpg

映画で観たかったのですが、忙しくて見に行けなかったため本を読んでみました。
なんだかとっても微妙でした。
この作家さんの本は読んだことがなかったのもあり、
どういう書き方をされるのか、どういう考え方なのかというのもわからず
この1冊で判断するのもどうかと思いますが、とても切なくて終わり方が辛かった。

結局何もわからないの??
って思いが強く、そこまでの長い時間で読んできた人物像があって
それが結局、突然・・・「え?」って感じで・・・。

・・・・ネタばれしないようにと(;^_^A


映画ならまた違った感じを受けたかもしれないのですが
渡辺謙さんの映画をDVDで観てみたいです。

内容はとてもリアルで、良かったとは思います。

あの日

あの日 小保方春子著
IMG_3592_convert_20161212223127.jpg

理研の小保方さん。
本当にすごい騒ぎになりました・・・。
人ひとりが自殺するという結果になり、小保方さんは博士はく奪になった事件。
結局何がどうなっていたのかと、もやもやしたままの終焉でした。

この本が出た時は、「今更なに?」という思いもありました。
読んだ人からのコメントで、「ここまで書いていいの?」とあったり
はっきりとした経緯が書かれているのかと、気になっていた本でした。

読んでみて、これが本当なら小保方さん・・・可哀想って思いました。
それと同時に、詰めがすべてにおいて甘い人なんだろうと。

小説家でもないので、文章としてわかりにくかったり
ん?と思うこともありましたが、
実際は研究者といえども上下関係は厳しいでしょうし
結局都合よく使われて捨てられた、駒の一つでしかなかったという気がします。

会社でよくあることかもしれない。
池井戸潤氏の小説の中に出てきそうな話だとふと思ったり。

んんん・・・。

で、彼女はこれからどうするんだろうと気になるところです。

強くなってほしい。
言い訳ばかりしていても何も変わらないから
被害者であることをアピールすのはわかったから
前に向かって進んでほしいと
心から思います。

読み終えても心の中がもやもやしています。

受難

受難 帚木蓬生著
IMG_3003_convert_20161024230219.jpg
韓国・珍島沖で起きた大型フェリー沈没事故から始まる物語。
溺死しiPS細胞で蘇生された少女。
実際にこういうことが出来る世の中になってきたと思うと、ちょっと怖い。
スリルたっぷりで面白い作品でした。

帚木蓬生さんは精神科医なのですが、作品は読みやすく好きな作家さんです。
この本は結構分厚くて読みごたえがありました。
久々に、「読んだなぁ~~」って思えました。

やっぱりハードカバーの本がいい。
電子書籍は買う気になれない。
このインクと紙の手触りと、表紙の絵が好き。

やっぱり本が好きみたいです

ブルータスの心臓

ブルータスの心臓 東野圭吾著
IMG_2622_convert_20161001222237.jpg

東野圭吾さんの作品は好きだけれど、ちょっと違和感があった作品。
面白かったのは面白かったけど、ちょっと怖かった

会社の婿養子の地位を狙うために、邪魔になった女性を殺す。
良くある話だけれど、それがまた3人の男性間で実行へと計画する。
野望を抱いた一人の男性と、それを取り巻くもう一つの人間関係。

そうだったのか・・・といつものことながら驚くことが多かった。
やっぱり、東野さん大好きだわ~

リバース

リバース 湊かなえ著
IMG_2504_convert_20160730222630.jpg

これは湊かなえ氏の著書の中でも、私は読んでよかったと思える本。
最後の結末があまりにも辛い・・・けど。

アマゾンのあらすじ
深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。
平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。
最近知り合った彼女、美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が送りつけられたのだ。
だれが、なんのために――。
深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、ある出来事を美穂子に話し始める。
全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。
そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。真相を探るべく、深瀬は動き出す。

ブラックスワン

ブラックスワン 山田 正紀著
IMG_2492_convert_20160701125937.jpg

以前、本屋で見つけて読みたくて図書館で探したけど見つからず
結局買った文庫本です。

薄いのですぐに読めるのですが
忙しくて今回は時間をかけて少しずつ読みました。

感想は〇
「最後にもう一度読み直した」という帯のとおり
もう一度さらっと読み直しました

切ない・・・

大学生だった数人が湖に白鳥を見に行った。
そこで見たブラックスワンが死んでしまった時、みんなの青春が終わった・・・。

その時の女生徒を妻にした元記者が、かつての出来事を調べていく。

ほんとうに良かったなぁ・・・。
読んで良かったと思える本でした。

図書館でもまだ又吉の"火花"が人気第一位
私も読んだのですが、いまいち良さが分からなかった。。。すみません

本ってのは好き嫌いがあるし、人によって良いと思うのもあれば、そうは思わないのもある。
直木賞をとっても、芥川賞をとっても、読んでいても面白くない本もある。
反対に目立たない本だけど、こうして読んでよかったなって思う本もある。

不思議だなって思うけれど、それで良いのだと私は思うのです。

自分が好きな本を全員が良いと思うわけもないけど
同じジャンルが好きな人同士なら、感性も似ているのかもしれないってことも思う。

勝手にここでは
自分の好き嫌いで感想を書いてますので、悪しからず

人魚の眠る家

人魚の眠る家 東野圭吾著
image+(1)_convert_20160527203912.jpeg

光ってしまって上手く画像が撮れませんでしたが、とっても良い内容の本だと思いました。

あらすじ
娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ


東野さんの本とは思えないような、ミステリーでもなく普通の本でしたが
脳死とは何か?
臓器移植とは?
母として、とても考えさせられる本でした。
もし自分ならどうするだろう・・・。
そんなことを思いつつ、読み終えました。

本は人によって好き嫌いがあります。
私が読んでみて良かったと娘に貸しても、イマイチだということも多く
趣味が違うのだと認識し、最近は勧めなくなりました。

だから私が良かったな~ってここで書いても
イマイチだと思われる方もあるのでしょうね。

それで良いのだと思います。
人それぞれ

また次の本も読んでま~す。

11文字の殺人

11文字の殺人 東野圭吾著
image+(2)_convert_20160526202900.jpeg

随分、前の作品です。
30年ほど前ですから子供たちもまだ生まれてなかった頃です。
図書館の人気ランキングに入っていたので読んでみました。

感想は・・・う~~~~ん。
本格的なミステリー本って感じです。
途中から犯人が分かってきました。
まだ若かったころに書かれた作品って感じでしょうか。

それでも20年ほど前に書かれた"天空の蜂"は面白くてハマってしまいました。
年数は関係なくて、ジャンルの問題なのかもしれません。
推理物はあまり好きじゃないんですよねぇ・・・。

でも、面白かったです。
恋人が殺されて、その犯人を捜そうとする主人公の話です。
これもよくあるお話ですね。

ただこの本の後ろにあった若かりし頃の、東野さんの写真。
image+(3)_convert_20160526202837.jpeg

なんだかとってもほのぼのしました。
可愛い

東野圭吾氏の本は、今では一番好きかもしれません。
若いころは一押しは、三浦綾子氏でした。
人として尊敬しています。

本はやっぱりいいなって思います。
読みながらいろんなことを考えます。

今読んでいる本も、最高に良いのでまた紹介しますね。

鹿の王

鹿の王 上橋菜穂子著
image_convert_20160510203309.jpeg

図書館の人気ランキングに入っていたので読んでみようと思った本。
帝国から故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団の頭ヴァンは岩塩鉱に囚われていた。
ある夜、不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。
その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てる。

物語の設定では随分過去の時代のような感じなのに
医療についての解釈など、現代でも十分に通用するような内容で謎の病を解き明かすホッサル。
面白くなさそうって思いながら読み始めたのですが、どんどん引き込まれました。

分厚い単行本二冊なのでとっても読みごたえがありました。
GWだったから読めたのかな~

時間があるときにゆっくりと読むには良いかもしれません。

上橋菜穂子さんって有名なんですね。
私は知りませんでした・・・すみません

田園発港行き自転車

田園発港行き自転車 宮本輝著
IMG_2080_convert_20160424203251.jpg

宮本輝さんの本を初めて読んだのは『錦繍 』
まだ学生の頃に読みました。
初めは女性だと思っていたのです・・・。

宮本輝さんのファンなので、ハードカバー本を何冊か持っていますが
最近は読まなくなっていました。
でも、店頭でこの本を見つけ、図書館で予約しやっと半年ほどたって届きました。
読み応えのある本でした。

先ずは、自分の父が出張先でないところで急死した娘の目線から物語が始まります。

とっても良かったなぁ・・・と心にジーンとくる作品でした。
心の動きがとても温かい。
最近こういう本が少ない気がします。

相手がもう思ってこう言ったんだろう。
とか、口にはこういっているが、相手のことを考えて本当はこうだろう。
という風に、言葉に思いやりを感じます。
こういう作家さんの作品は心が温かくなります。

人の縁とは必然だと思うような本でした。

仮面同窓会

仮面同窓会 雫井 脩介著
IMG_1935_convert_20160404215644.jpg

雫井さんの本は結構好きだったので、楽しみにしていました。
どんどん読み進めていって、引き込まれていったのですが・・・。
最後は最悪

読み終えた後の心の違和感・・・じゃないかなぁ・・・嫌悪感…なんていうんだろう
すっきりrしなくて、辛くて、吐き気がしそうな感じ。
ひどいよな・・・これって。

とても面白かったのにこれはないよ!って感じかな。

高校時代の悪友たちが、同窓会で再び出会い
嫌いな先生を拉致する。
しかし誰も殺しはしない、ただのいたずら。
なのに、その先生が殺された。

拉致したあと、まるで自分らが殺したかのように・・・。

誰が殺した?
お互いを疑いあう悪友たち。

途中までは面白かったのに・・・。
大人しか読んだじゃだめだと規制してほしい。
残念な本だと思いました。

長いお別れ

長いお別れ 中島京子著
IMG_1879_convert_20160313200310.jpg

この本は、何かのおすすめかで知った本。
特に好きな作家さんではなかったのですが、読んでみました。

とっても良かったです。

認知症になった夫とをめぐる3人娘たちとの関わりを、書いた本。
娘たちからの目線もあるのですが、
それぞれの娘たちの認知症になった父への温かい関わりに感激です。

妻も認知症になった夫との生活を不満にも思わず、楽しんでいるところもある。
我が家とは偉い違いだなって反省・・・。
最後は延命治療を問われて、望まないことで最後にはお別れとなります。

これを読んで、父に胃瘻をつけたのは間違っていたのだろうか…と思ったり。
考えさせられる本でした。

こういう本もいいですね。

私に似た人

私に似た人 貫井徳郎著
IMG_1878_convert_20160313200223.jpg

最近、貫井さんにもハマっています。
とにかく面白い!
ワクワクして進んでいきます。

この本は、ひとつずつの短いお話たちが載っているけど、すべての内容が続いています。
主人公がひとつずつ変わっていくのです。
あとで、え?って思って初めに戻ったりします。

テロは良くないけど、社会が悪いからそれを直すためにはテロもやむをえない。
そんな怖い考えをネットで繋がった人たちが織りなす物語。

少し前に発行された本ですが、とても新鮮で良い本でした。

今の若い人らにも読んでほしいなぁ・・・。
水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

♪♪音符がフルフル♪♪