幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

娘の眼科健診 その後

娘の網膜剥離が見つかり、手術をしてからもう1年以上が経ってます。
その時はもう受験も出来ないかも・・・と落ち込んだものです。

もう少し早く見つかっていたら、レーザーで済んでいただろうけれど
見つからなければ両目ともいきなり剥離して見えなくなっていただろうし
結果としては良かったと思っています。

それでもまだ2カ月ごとに眼科に通っています。
手術をしてくれた網膜の先生の日と緑内障の先生の日に通院です。

先週も緑内障の先生に「視神経が細くなって死にかけている」と言われたそうで
娘が落ち込んで帰ってきました。

20歳で緑内障と言われたらやはり悲しいでしょう。
後は目薬で進行を遅らすこと。
それだけしか今は治療法がありません。

視神経が元気がどうかが今は簡単に調べられて、私たちにも画像を見せてくれるのです。
現実を受け止めるしかないのですが
今のところは視神経が弱っていても、まだ視野には影響が無いとのことで少し安心です。

医学が発達しているのに未だ治療法が無いとは・・・。
目は本当に大切にしないといけません。

中学生の頃、近くに有った盲学校の点字アルバイトをしていました。
もちろんボランティアでしたが言葉が悪いのですが、とても面白かったのです。
定規のようなものをあてて、先のとがったセンマイトオシのようなものでポツポツ穴をあけていきます。

六つの穴をそれぞれ組み合わせて「あ」はここ、「い」はここと言うふうに手動で本を打っていました。
今ではどんな風にされているのでしょうか・・・。
その頃はすでに目が悪かったのでいつか自分が見えなくなるかもしれないと結構熱心にやっていました。

私がやっていたのは裏から打つので、盛り上がっているのとは反対なので
文字が反対のであまり役に立たず、読めません。

それでも、いつかはまたやりたいなって思います。

みなさんも目を大切にしてくださいね

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
♪♪音符がフルフル♪♪