幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

最後の卒業式

今日で、私の母としての卒業式が終わりました。
思えば・・・上の子の保育園の卒業式が初めてでした。
それから20年近く。
何度も感動をさせてもらいました。

一番残念なことは、息子の大学の卒業式に出れなかったこと
悩んで悩んで、話をしたり怒ったり泣いたりといろいろありましたが
結局、専門学校へと進路は変わりました。

それでも、いつ何時辞めるかわからない息子でした。
この2月には、サボりすぎて単位が足りず、卒業も危ぶまれておりましたが
ギリギリのところでなんとか卒業です。

歌手になりたいと言い続けながら、ボイトレだけは続けてきました。
それだけに、不安で仕方がなかったのですが、
とりあえず、就職も決まったのでこちらは御の字です。
でも、続くのか・・・心配。

卒業式は入学式と同じホテルでありました。
CIMG4345_convert_20140316225331.jpg

学校法人〇〇〇〇の合同卒業式とのことで800人が集いました。
保護者も多かったので、1千人はいたのかなぁ・・・。

女性は振袖や袴が多くて綺麗でした。
同じ年頃の子が多かったので、今から思うと大学を辞めて、やり直しが早くて良かったのかもしれません。

やっとそんな風に思えるようになったのです・・・。
去年は辛かったです。

子どもって思うようには育ってくれない。
でも子どもには子どもの人生があって、親の期待とか、親の出来なかった夢を継ぐ必要もなく生きたいように生きて良いのですね。
そこで失敗したら自分で軌道修正してやり直せばいいのです。

遠回りしてもそれが一番。
親が良いと思う道を口で教えても意味はない。。。。

私も他の人ならそういえましたが、自分の子にはできずに悩みました。
お恥ずかしい・・・
高校時代の担任に相談に乗ってもらったり、したことも今となったら懐かしい。

蛍の光を歌いながら、泣けてきました。
ここまで来るのに何度も喧嘩もしました。

「大学だけが人生じゃない。この人には大学は意味をなさない」
そんな風に、相談した神社の宮司さんにも言ってもらって、決心した日のことも懐かしく思えます。
これからは自分で歩いてもらうしかありません。

そういう意味で、4月からは社会人としてのスタートです。

私にとっての卒業式。
感無量
«田舎へ  | HOME |  ATSUSHI»

*** COMMENT ***

おめでとう!

卒業し、就職も決まっているのね(^-^)
素晴らしいです。
生まれ持っての性格、育つ環境(友だちも含め)が、
その人を作っていくんだよね。
大人になったら、なかなか変わることって難しいけれど、
今の私は10年前の私とは違う部分があって、
子どもように吸収は良くないけれど、地味~に少しずつは、成長してると思ってます。

大学嫌だから、やめる。で終わらず、卒業までがんばった息子さん「おめでとう」
子どものことを考えていっぱい悩んだ春ちゃん「おつかれさま」
息子さんのこれからの成長を母として見守らないとね「がんばって」

☆miku*ちゃん

ありがとうe-459
そんな風に言ってもらえる友達が居てくれることが嬉しいです。

mikuもいつかはそんな日が来るよ。
その時にはまた私がコメントするよ~楽しみです。

私はまだまだ未熟なのでお恥ずかしいです。
大人にならなきゃなっていつも思うのですが・・・。

とりあえず、ひとつ終わったって感じです。

これからもよろしくね~~~

それぞれの明日

卒業式って何のためにあるのかな~?と子供のころはよく思っておりました(^^;)。

今にして思えば、この節目に今までお世話になったすべての人への感謝の気持ちを表わすためだったのかなと感じております。

そしてそれは卒業を迎える当人だけじゃなく、その当人をずっと近くで見守ってきた人にもあてはまるのかなと私は思います。その当人のために色々悩まされたり、逆に思わぬ成長が感じられたり。後で振り返れば色んな思いがその当人のおかげで形作られたわけなので・・・。

「感謝の気持ち」を胸にまたここから新たな道を歩んでいく…そのきっかけとして「卒業」というのがあるのかなと思います。

息子さんご卒業おめでとうございます!
そして春さんも子育てご卒業おめでとうございます!

なので今度は勉強会メンバーの受験生活卒業&社労士人生のスタートに向けてどうかお力添え下さいませ~
(といういつものオチですみませ~んm(_ _ )m )

澤田 知宏

※勉強会で使用する資料(案)を送りました。またお時間のある時にでもご確認くださいませ~。

☆澤田さん

私も子どもの頃は気づきませんでした。
でも親になって思います。
卒業式を見る都度、子どもの成長を実感するのです。

仕事が忙しくても学校行事には必ず行きました。
成長する子どもの外の姿は目に留めておきたかったのです。
一人っ子なので、子どもは子どもであって子どもじゃないのです。

いろいろあった息子ですが、しっかりと社会人になってくれればいいのですが・・・ちょっと不安です。

いつも、ありがとうございます。

勉強会の資料ありがとうございます。
またお返事いたします。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
♪♪音符がフルフル♪♪