幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

眼窩骨折

11月7日のことでした。
夜には友達との食事会があり、それに向けて用意をしているときに息子からのライン。

「病院に行って検査したしお金がない。今から大学病院に再検査に行くから、お金が払えへんし振り込んで」
また手を切ったのかと思いました。
以前もパックリ切って大変なことになったのです。

よく聞くと、職場で先輩と口論になり、中身の入ったペットボトルを顔に投げられて、目に当たったそうです。
そのまま仕事をしていると、どんどん目が腫れてきて、モノが二重に見えてきて病院に行ったのが3時間後。
それから3時間待ちでCTを撮ってもらったら、眼窩骨折(がんかこっせつ)と言われ、大学病院へタクシーで行ったのが夕方4時。

緊急外来で緊急手術となりました。
私は、え?え?ばかり・・・。
食事会は・・・キャンセルですか・・・。

元気だったんですよ、息子。
検査が終わったら仕事に戻ると言ってました。
それも叶わず

診断名は眼窩底骨折。
眼窩(眼球の奥や周囲)の骨が折れ、骨折部に眼窩内の脂肪や筋肉などが副鼻腔へ落ち込んだり、骨片に挟まれたりしたために、眼球運動障害による複視や神経麻痺によるしびれ、嘔吐、眼球陥凹などの症状を起こしている。

まぶたの皮膚を切開後、骨折部に到達し落ち込んだ、もしくは挟まった脂肪や筋肉を本来の位置である眼窩に整復。
人工骨を使用し骨折部を塞ぐとのこと。
画像を見せてもらったのですが、目の下の骨が折れて下がっていました。

「緊急にどうしても、すぐに手術しないと中身が下がってしまいます。骨折は大したことないのですが、空いた穴を埋めないと、大変なんです。」
とのことで、慌てました。
中身…目玉か落ちていく?

全身麻酔で夜の時半から3時間の手術でした。
主治医は若いイケメン先生でした。

「ここの病院は眼科の専門治療で有名です。よくあることです。」とおっしゃったので
「そんなに眼窩骨折ってあるんですか?」って聞くと、
「よくありますよ、ボクサーなんかね」と。

はあ~?
息子はボクサーじゃないし

「網膜の検査もしますが、今の状態では大丈夫でしょう」とのこと。
「この20歳の若さで網膜剥離なんてなりません。」って言われましたが
娘は、22歳の卒論時に網膜剥離で入院したんですけど・・・ここに通院もしてましたよ!
ここの先生に手術してもらいましたよ!
って言いたかったなぁ・・・。

翌日、朝からCT撮ってもらい、異常なしとの診断をもらってほっとしました。
会社の方もお見舞いに来ていただいて、労災にしてもらうことになりました。
加害者は、以前にも同じようにアルバイトの子の首を絞めたことがあり
息子が止めて助かったのですが、結局、刑事事件になりました。

今回はどうなるのだろう・・・。

会社は刑事告訴してはどうですか?と。
息子もカンカンなのでそれもありかもしれません。

被害者(入院)と加害者(謹慎)とが休んでいるので、職場はてんてこ舞いなようです。
一歩間違えば、失明していたかもしれないと思うと怖いです。

親として、会社に安全配慮義務違反で訴えることはしたくないのですが
加害者とのかかわりにはどうしたらいいのかと、悩みます。
二日目にやっと病室に来られたようですが、反省の気持ちはないようです。

複雑です

今日もまだ目が腫れています。
そりゃあ顔切って、骨削ってるんですからねぇ。。。

怖いですね。

帰りに病院へ行こうとバスに乗りしな、おじいさんに付き飛ばされました。
自分が乗りたいからと、先にステップに足をかけた私の体を思いっきり!
よろめきましたが、唖然として何も言えないままでした

こけてたらどうするんだろう・・・。

世の中、いつどこで何があるかわかりません。
気を付けないといけないのですね。

元気で家に帰ってくること!
そんな当たり前のことが一番大事で、一番幸せなことなんです。
普通が一番。

笑ってられることが、幸せです。
«退院  | HOME |  図書館戦争»

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
♪♪音符がフルフル♪♪