幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

草花たちの静かな誓い

草花たちの静かな誓い 宮本輝著
IMG_5381_convert_20170917201346.jpg

ロサンゼルス在住の叔母の、突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか
。娘はいまどこにいるのか。弦矢は謎を追い始める――。
生き別れた母子の運命を豊かに描き出す長編小説。


宮本氏の本を初めて読んだのは中学生の頃だったと思います。
錦繍って本でした。
それからいくつかの本を読んでいくうちに、人柄がとても温かく感じ
勝手に女性だと勘違いしていた私でした。

人間描写がとても細やかで、心の声を上手に書いてられるので
読みながらも心が綺麗になっていく気がします。

この本はちょっとミステリーっぽかったので
ドキドキしながら読み進めました。
どうなるんだろう・・・・と次が気になって仕方がない。
惹かれる本でした。

最近の作家さんはこういう方が少ないように思います。

若い頃、藤原 審爾(ふじわら しんじ)氏が好きでした。
『さきに愛ありて』という本に感動して何度も読みました。
この方も心の描写が細やかでとても心打たれたのです。

最近知ったのですが、この藤原審爾氏は藤真利子さんのお父さんだということです。
知りませんでした・・・驚きましたね

最近の本も良いのですが、状況の描写だけよりも
その人の心の描写などが書かれている小説のほうが私は好きです。

秋の夜長、もっと本を読みたいです
«関ケ原  | HOME |  鳥人計画»

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

♪♪音符がフルフル♪♪