幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

ブラックオアホワイト

ブラックオアホワイト 浅田次郎著
AAB6911A-1A82-4286-87CB-02DEDEAD5924_convert_20180103190851.jpeg

浅田次郎氏は蒼穹の昴を読んだとき以来です。
蒼穹の昴はとても面白かったのですが、この本は物語のようでそうでもないので
面白いというのとは違う気がしました。

本屋さんで見つけて読みたいなって思ったのですが
思っていたのと違う感じでした。

「近ごろ、よく眠れるかい」久しぶりに再会した都築君はそう言って語り始めた。
三代続くエリート商社マンだった彼の輝かしい人生を暗転させた美しい悪夢の数々、そしてその果てに見たこの国の本性を――。バブル全盛期、経済の最前線に立った一人の男の「夢」を通して近代日本の実像を描き出す、野心に満ちた長篇現代小説。


白い枕と黒い枕を選ぶことで夢が変る。
スリリングな体験は黒い枕をハッピーな夢は白い枕を。
それぞれ選ぶことで体験したことを話す都築君。
それを聞いている"僕"が主人公になっています。

感想は〇です。
«星野仙一氏  | HOME |  初詣»

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

♪♪音符がフルフル♪♪