幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

片思い

片思い 東野圭吾著
67D6CEDE-B4AB-42BA-890A-8A444BAF534F_convert_20190714202440.jpeg

やはり一押しで東野圭吾です。
この本はずいぶん前に読みましたが、書店に並んでいるのを見てもう一度読みました。

性同一性障害の美月と出会った哲郎目線で書かれています。

「人を殺した」元女子マネジャー・日浦美月はそう告白した。
帝都大学アメリカンフットボール部だった西脇哲朗は、早田幸弘らと開いた同窓会の帰り、美月と遭遇。
美月は、殺人の告白に続けて、自分が性同一性障害で、今は男として生きていると打ち明ける。

東野圭吾氏の本は『天空の蜂』の時にも思ったのですが、何年経っていてもその話が古くない。
まるで将来その内容が取り上げられることがわかっているように今の旬な内容になっていると感じられるのです。
性同一性障害の人の辛さが少しは理解できたような気がしたrもしました。
男と女のちょうど中間点にいるという。男でも女でもない。
微妙なことだなと思いながら読んでました。

本当にどんどん惹き込まれていくのです。

最高に面白かったです。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
♪♪音符がフルフル♪♪