幸せの青い鳥

幸せの青い鳥を探しませんか♪

息子のお友達との別れ

息子はもうじき20歳になります。
人生で一番楽しい時期ではないでしょうか。
そんな時に・・・息子の友達が亡くなりました。

東京に一人で上京し勉学に励んでいたらしいのですが
先週の24日に下宿先でうつぶせになって死んでいたそうです。
不審死ということで司法解剖に廻され、今日はお別れ会が京都でありました。
悲しいことにお友達は骨になっていました。

まだまだ若い世代。
これからって時になんてことでしょうか。

会館の前に黒い服を着た20歳前後の若者が集まっていました。
悲しい・・・

悲しすぎます。

死因はまだ調査中とのことですが
親御さんの気持ちを考えると心が痛くて堪りません。

息子もショックを隠しきれず・・・。

私も20歳の時に同級生を二人もバイク事故で亡くしています。
その時の悲しさ、辛さを思い出しました。

そんな中、今日はとても不思議なことがありました。

息子のリビングのテーブルの上に小さなお守りが置いてありました。
財布の中に入れているお守りです。

それがなんと昼食のおうどんの上に浮いていたのです。
誰も触っていません・・・。
そんなことするはずがないのです。
息子は少し霊感もあるのですがこんなことは初めてです。
息子を守ってくれているのかもしれません。

そう言えば、その友達の亡くなった時間には息子は階下で人の声を訊いており
廊下を人の歩く音と共に金縛りに遭いました。
きっとお友達が来てくれていたのかもしれません。

世の中には科学では解明されないこともあるのですね。

志し半ばで逝ってしまった友達の分まで、しっかりと生きて欲しいと思います。

※追記※
吹奏楽部だった友達がフルートでジュピターを演奏したそうです。
静まり返った会館の中に流れるフルートの音色。
ジュピターの音楽は切なく哀しい気持ちで涙を誘いました。

あまりに早い一生でしたが、
お友達はいつまでも同級生たちの心の中に生き続けるのでしょう・・・。

初めの一歩

息子の夢を少しだけ叶えるために、大阪へ行って来ました。

ずっと歌手になりたいと言い続けていた息子・・・。
成れるわけ無いんです。
歌手なんてたった一握りのオーラ―を持った人だけしか成れません。
それがまったく判ってないんです。

今まで言い続けていたのですが
仕方なく、じゃあ自分で試してみたら?ってことになって・・・。
自分で挫折してみないとわからないんです。

"特別"だと思っているようです。

で、これを機会に生活態度も変えてくれると良いなって思ったので
折れることにしました。

京都にも歌謡教室はあるのですが
私としてはちゃんとした人のところのほうが安心だと思うので
某芸能人が会長をしているスクールを見に行きました。

思ったより小さくてボロかった
中も雑然としていて少しガッカリ・・・。
それでも無料レッスンをしてもらってヤル気になったようです。

家に帰ってから考えようかって話をしていましたが
今日に申し込んだら入会金が1万引きと言うので・・・釣られました・・・ハイ。
レッスンも月2で良いって思ってましたが4回も行くようです。

セミプロコースにしたのですが
プロ養成コースに本人は行きたいようです。

でもこちらはお値段が倍以上で、施設費も別途必要とのこと。
そこまで掛けられません。。。金ではなくメッキの卵ですから。

飽きっぽい性格ですがいつまで続くのやら・・・。

春からは大学も中退し、専門学校に行く予定です。
なんとか軌道修正出来ると良いのですが・・・

とにかくまず一歩、進んでみました。

大学

今日は年金アドバイザーの試験を受けに行って来ました。

この前の社労士試験と同じ立命館大学衣笠キャンパスを希望したのですが
送られてきた受験票には龍谷大学大宮キャンパスとなっていました。

と、遠い・・・

おまけに行ったことがないので場所が判らない・・・。
ネットで調べて行きました。
元平安高校の向かいでした。

京都に出来た水族館の近くです。
おかげでバスが満員状態。

大雨だったので構内をゆっくり見ることも出来ませんでしたから残念です。

京都って大学が多いんです。
だから行ったことがないところがたくさんあります。

帰りには立命館大学朱雀キャンパスにあるtawawaのバイキングに行きました。
1,200円で野菜たっぷり食べられます。
烏丸通の新風館にもtawawaが有ります。
でも、男性にはちょっと物足りないかもしれません。

立命館はまだ出来て間がないので綺麗でした。

大学って好きです。
大学生って良いなって思います。

なのに我が家の大学生は大学生を辞めたいのです。
もったいない・・・
私が代われたら代わりたいものです。

今まで簿記の試験で産業大学と同志社大学にも行きました。
大きな大学はこういう機会が有って入ることが出来るので嬉しいです。

私がずっと自習に使っていた近くの某大学は大のお気に入りです。
地域のオジサンオバサンが自由に出入りできます。
図書館にも勉強に来ている年配者も多く、快適でした。

娘の大学は小さいからか守衛さんが居て、一般人は自由に入れません。
大学ごとにそれぞれのカラーが有るのですね。

大学は勉強したいと思ったら自分で行くことが出来るので
私もいつか考えてみたいと思います。
息子もそう思ったら歳がいってからでも行けばいいのです。

そう思うと退学することも一つの選択肢かもしれないと思えるようになってきました。
それでも「中退」って文字が履歴書に載るのです。
それがどんな意味をなすのか、自分で身を持って感じないと判らないのだと思います。

今の息子に親の言葉は耳に入らないのです。
悲しいですが・・・。

大学って良いと思うのですが・・・

息子の進路

最近良いことがなくて落ち込んでおりました。
ペットの死、テンプレート廃止
あ~~~~あぁって心境でしたが
一筋の光が見えてきました。

毎日遊びっぱなしの息子が来年の春から専門学校に行ってくれることになったのです。
もちろん・・・続くかどうかは判りません。
大学だって入学式の朝に
「絶対に卒業してな」って言ったんですけどね・・・

その大学も後期は休学としましたが
春までには退学届を出すことになります。

大学に行くために中学校時代から塾に行ったり、家庭教師を付けたりと
お金も時間も使いましたが無駄になりました。
2年間の学費もどぶに捨てたと同じで悲しいです。

それでも自分が行こうと思って面接も受けてくれました。
昨日、合格通知が届きとても嬉しい思いです。

面接の日にはスーツを着ていかないといけなかったのに
私が事務所旅行で留守にしていて気付かず、いつものGパン姿でした。
廻りはみんなスーツだとメールが届き、その時点で諦めてはいたところが有りました。

それでも結果の封筒を見るまではドキドキです。
たかが専門学校かもしれません。
でも少しでも一歩前進してくれたことが嬉しい母です。

まだまだ悪いことばかりしている息子ですが
これを機に改心してくれることを祈ります。

まだまだ先は長いです・・・

夜中のハプニング

昨日もまた夜の12時くらいから出かけるというので説教してしまったら逆切れされた。
話は平行線。
そんな時にパソコンしていたダンナを呼んだら

「パソコンしているのに邪魔した」と怒られた。
二人の問題だから自分は関係ないとの言葉に悲しくなった。

それ以外にもいろいろ言われて・・・
泣いてしまった。

そうしたら息子がかばってくれた。
「もしあいつが手を出したら必ずいいや。僕がやっつけたる」と。

これを怪我の功名と言うのだろうか。

自分でもまっとうにならんとあかんと
わかっているけど直らないらしい。
でも努力はしていると泣いていた息子。

「更生してくれたらそれでええんよ」と穏やかに言えた。

初めて息子の本音を訊いた気がした。
心の奥底ではまともな考えを持っているのだとしたら嬉しい。

何があっても
警察沙汰になっても
私は親であることから逃げない。

娘も話をドアの向こうで訊いていて頼もしく思ったみたい。
実際は何も変わってないけどね・・・。

子供たちが早く離婚したらと言う。
したいけど・・・。

結局、昨晩も寝不足。
眠いよ~~~~~

良いことがありますように

我が家の息子の進路。
結局後期は休学となりました。

本当は退学のはずだったのですが、そうすると次の春まで空白の半年になってしまうから。
一応空白なく次の専門学校に行くことになって欲しいと
せめて母の願いです。

専門学校も行ってくれるかどうかわからない状況ですが
取りあえず申し込むつもりです。
大学より学費が高いんですけど・・・
それでも最後まで行ってくれて就職出来れば言うこと無いんです。

でも、遊び呆けてだらけてどうしようもない性格になってしまってて
修正が利くのか不安です。
お金も後先なしに使いすぎて借金ばかり。

どうしてこんなに普通に生きられないんだろうと不思議です。
なんでかな・・・ぁ。

一方、娘はお金をほとんど使わなくてコツコツ貯金しています。
着々と大学院で自分の夢に向かって驀進中。
冷静に進む姿に驚いてしまいます。
小さい頃は何も出来なくていじめられてクラスでもひとりだった子なのに
ホント強くなったなって思います。

反対に息子はいつも友達に囲まれて活発な子だった。
なんでも出来て何の悩みも無かったのに
いつから反対になって変わってしまったのかな。。。

いつも対照的な二人です。
いつになっても悩みはなくならないみたいです。

みんなが健康だからまあ良いのかなぁ。

私も家を出る話も頓挫したまま。
動き出さないとなぁって思いつつ
いろんなことが面倒でだめです。

いつか良い方向に向いてくれると良いんですけどね。
毎日ほんと辛いです
もっと過激なことも思ったりしますが
こうして愚痴ってスッとしてまた明日から頑張ります。

器が小さいから包容力の無い母で申し訳ないです。

もっと明るいブログになるように
切磋琢磨していきます。

絶対にこのままでは終わらない。← この言葉はお友達のブロガーさんの受け売りです。
素敵な言葉です。

子供がまっとうになって
何も考えずに孫の世話が出来るような日が来て欲しいです。

絶対に、幸せになります!
・・・今も幸せだけど

子供に目を向ける

さて、私の人生の一大イベントが終わって、
今まで溜まっていたことを片づけているのですが進まないのです。
本当に何もかも放ったままにしていたんだと自己嫌悪です。

その中でも一番は息子のことです。
退学するか休学するかの選択をしないといけません。

バイトも不規則なバイトで夜も遅くなるので私は気に入らないのですが
それまで辞めてしまうと本当のぷーたろ~になってしまうので好きにさせています。

先日娘と少し喧嘩になりました。
子供が出来ないことに対して
やらないのか、できないのかの区別が分からない私には
将来のことも考えると、放っておいて自堕落な子になってはいけないと厳しく接してきてました。
それが間違っていたといわれたのです。

確かにね・・・そうかもしれない。
でも"出来ない"ってのが私には理解できなかったのです。

怠けてできないのか
本当にできないのか
それをわかりもしないで勝手な親だと言われますが・・・。

娘はいつもいじめられてクラスでは小さくなっていたそうです。
私は反対に「陽」のほうに居たのでそういう「陰」の子の気持ちはわからなかった・・・。
思い遣りにもかけていました。

自分の子供と言えども別の人格だし、性格も違えば考え方も違うので難しいです。

これからどうして言ったら良いのか・・・。
少しずつ考えていけたらいいなって思います。

計画的に行動できない性格って本人の努力不足だと思うんですけど違うんでしょうか。
あぁ わからない。

頼りない母です

海に行きたかった

毎年恒例の海水浴に行くことが困難になってきました。
理由は子供たちが大きくなってしまったことが原因。
これって喜ばないといけないのですが
海が好きな私には辛いこと・・・

それでも息子にお願いをしていたのですが
土壇場で嫌がられてしまいました。

当然ですよね・・・

娘は体調が悪くてダメになり今年は断念です。

外は猛暑。
あああああ残念

でも天気のようにコロコロ変わる息子の機嫌に振り回されて
どうしたものかと悩みっぱなしです。

感情的になる私の性格も悪いのですが・・・。
いつになったら穏やかに話せるようになるのでしょうか。。。。

愚痴でした

我が家の内情

バカ息子が毎朝、朝帰り。
今朝も4時ごろに帰ってきて寝ようとするので
目が覚めた私は意見しました。

本当にどうしたらいいのかわかりません。
平行線です。

育て方を間違ったのだと息子に言われて
唖然

自分がしたいように生きたいそうです。
じゃあ目の前から消えてくれ!
なんて思ってしまいました。

何度話をしても通じない。
理解もしようともしない。

突き放すと
「僕は独りや・・・」とか言い出すし。

母との仲が悪いのも原因なんですが
素行が悪いので注意されてもしかたないっしょ!と私は思ってます。
ただ母の言い方は良くないとは思いますが。

子供が帰って来たくない家

私はどこで間違ったのでしょうか・・・。

社労士にもなれないのに偉そうにって子供にも言われてます。
悔しいですね。

「何年やっても合格できないやん」って。
遊び歩いているアンタにいわれたかぁないよ。
とは思うものの・・・辛い・・・

今が踏ん張り時。
いつか必ずいい方向に向くときがくる。
そんな風に思うようにしています。

うーん・・・なかなか状況は変わってないんですけどね。

とにかく秋には何か動きがあるはず。
こうご期待

飛び立つ日まで

今日は終業ベルと共に片づけて高校時代の担任の家へ急ぎました。

二人で話すのは30年ほど前の個人懇談の頃以来かもしれません。
変わりません。
ほんと先生は今も身体を鍛えていてシャープな体系で笑顔も同じです。
私がひとり太っていた感じです

用件はこの前の電話で話をしていたので特に話すことも無かったのですが
私自身が納得いく何かが見つかれば良いなって思いました。

先生夫婦は子供が居ません。
欲しくて欲しくて治療にも行き、あらゆることをチャレンジされましたがダメでした。
だから私たちを自分の子供だと思おうと決めて、生徒たちがいつも集まれる"離れ"を作ってくれました。
その部屋で毎年クラス会をします。
陸上の先生なのでクラブの子たちも集まります。

ですから客観的な話をしてくれるかもって期待してました。

でも開口一番
「あの高校の子らは恵まれてる」と。

先生が退職前に行かれた高校はクラブのユニフォームもなかなか作れないような家庭の子が多かったそうです。
だから子どもたちも生きることに真剣で一生懸命だったと。
経済的な理由で大学に行けない子らもたくさんいたそうです。

だから学費も出して今まで育てたんだから後は放っておいたら?って言われました。
「もう充分やと思うわ。もっと子供のことより自分の人生を楽しまなあかん」と。

そうですね。
子離れの時期かもしれません。

ダラダラしている息子を何も手出ししないで見守ることが最良なんでしょうね。

つ、辛い・・・

昨日トキのヒナが初飛行したそうですね。
私は何も知らず、先生から聞きました。

「今までここに来るまでに、やっと生まれた卵をカラスにやられたりとかしてきた。
それでも人間の手を入れてはいけない。
天敵から逃れた子でないと生きていかれない。
それが自然の姿だから。
そうやって今やっと自然に孵化して育ったヒナが大空を飛んでるんや。
人間もそうやと思う。
手を掛けすぎたらあかんのと違うかな」

自分に子供が居たらこんなことは思わないかもしれない
私のように、いや・・・もっと必死になるかもしれない
でも今はそう思う。。。と。

高校時代に大学に行きたかった私です。
経済的に行くことが難しくて諦めました。
進学校だったので友達はほとんど大学へ行きました。
京大はもちろん関関同立にいくのも当たり前・・・って中で就職することはとても辛かったのです。
高卒であることで差別も受けてきました。

だからこそ子供達には学歴をって思ってきましたが
それは親のエゴでしかないのです。
わかっているのですが・・・。

将来自分で行きたいと思えば行けばいいのですね。
少し気持ちが整理出来てきた感じです。

大学中退・・・。

その言葉は私にはとても心苦しいのですが
本人が気づかない限り意味はないのです。

いつか息子は元気よく羽ばたいてくれる日を願って見守るしかないのですね。

担任に相談

私の悩みを知ってか知らずか
今度は携帯が変えたいという始末。

「手続きも自分でしんとあかんなぁ~なんでも出来るようになろう」
と独り言。
確かにね、今まで甘やかしすぎて手を出しすぎてました。

でもねぇ auからソフトバンクへの変更は家族割も使えなくなるのでちょっと困るのだけど

遅まきながら自立への道を少しずつ歩んでいるようです。

私の高校時代の担任と毎年みんなでクラス会をやっています。
息子と同じ高校なのでその先生に相談に乗ってもらうことになりました。

なんでも甥っ子さんも教師の一歩手前で中断し、アルバイトをしているそうです。
みんないろいろあるのかもしれないですね。

でも相談できる人がいてくれてとても心が楽になりました。

娘の意見

昨日、バイトから帰ってきた娘と息子のことを話しました。

友達とワイワイ遊ぶのが好きな子が学校に行けず独りで時間を潰している日もあるというと
ご飯を食べながらボロボロ泣きました。

「他人のカウンセリングはやるけど家族はできひん・・・
そういって泣きます。
自分は子供のころからいろんな辛いことがあって乗り越えていたから強くなったけど
弟はずっと日の当たるところで育ってきて挫折も味わってなかったから打たれ弱いのだと言います。

確かに・・・。

原因は母なんですが本人は全く気付いてなくて
娘との話の間にも入ってきては引っ掻き回します。

娘に一言いわれました。
「ママは一度もバーバから私らを守ってくれへんかった」と。
母は女帝のごとく強い人で意見をしようものなら嵐が起きます。
それが怖くて出来るだけ逆らわずに育ってきた私の生き方です。

子供たちは平気で意見するのでその都度ハラハラしてました。

そんなときにもいつも第三者になっている。
私らを守るのが母親やろ!と言われました・・・。

まったくもってそのとおり。

でも本当に怖いのです。
時折、スイッチが入ったら人間が変わるほど怒りますが
そうでないとほんと逃げの姿勢です。

やはり別居しかないのかと・・・。
私がもっとしっかりしていないから、母に頼り切っていることが諸悪の根源。

「勉強なんてやっている場合じゃない
そういわれましたが
自分勝手な私は結論が出せません。

「あいつはこの家に自分の居場所がないんや」と涙ながらに訴える娘に言葉もありませんでした。

私は母親失格です。

息子

昨晩1時半まで息子と話をしてました。

やはり大学は無理なようです。
登校拒否症っていうのでしょうか。

「もう一度頑張ってみるって言ったやん!」というと
「そんなことゆうてへん。やってみるってゆうただけや。でもあかん・・・鬱になりそうや」と暗くなる始末。
死んだら楽やろなとか言い出して・・・

このまま2年になってもきっと卒業できないと思います。
大学に行くことに意義を感じないと何度も言います。
価値観の違いでしょう。

「僕のためやってゆうてるけど、自分のエゴを押し付けてる」と言います。
でもね大学のためにずっと塾にも行ってたから
それは今嫌だから理由をつけているとしか思えません。

彼女にも親から強制されていることを言っているようです。

もう無理だな・・・って思います。

楽な仕事じゃなくてもいい
汚いって言われる仕事でもいい
なんてね言いますがきっと今だけです。

それでも自分の人生だからもうどうしようもないのだと思います。

親は子供が道をそれても黙って見ているしかないのですね。
自分で軌道修正する力を身に付けないといけません。

いつまでも小さな男の子ではないのですから。

でも大学中退はとてもとても悲しいです。

母として未熟なんです

ウチの顧問先さんのお医者さんに担当者が訊いてくれました。

発達障害の子を見てもそれを告知することが良いとは限らないそうです。
私は判った方が自分も周りの人も納得出来るかなって思うのですが、そうでもないようです。
余計に思い詰めたりして鬱になってしまったり、症状が悪化する人も居るそうです。

昔は元気のいい子って言われた子が今では多動性の子だと言われる。
そんな風にも言われているようです。
自閉症もADHDもアスペルガーも昔から小学校の子供たちの中には居たのです。
決して特別ではないということ。

でも相談した精神科医の先生方は口をそろえて言います。
ADHDの子を治療していく自信がないと。

そういうものなのですね。

娘は臨床心理士を目指していてそろそろカウンセリングも始めるようです。
私が相談に行きたいくらいです

精神科医と認定心理士や臨床心理士との役割分担もあるようですが
心の病と身体の病とは違うそうで、
精神科に行くべき人と心療内科に行くべき人は違うそうです。

精神科の先生が言ってたらしいですが
最近は親だけが相談に来るのが多いそうです。
本人が居ないと何も判断できないのに本人は来ない。
嘆いてましたがその気持ちも判ります。

だってね、なかなか本人を納得さすのは難しいのです。
発達障害という言葉を受け入れることが出来にくいようです。

だから敢えて、それを診断する必要はないんじゃないかって先生は言うわけですね。

私もまだまだ未熟なのですぐにカッとなったりして泥沼に落ち込みます。
毎日息子とバトルです
ダメですね・・・。

勉強していることで子供たちをちゃんと見ることが出来ていなかったツケが廻ってきたようです。
自分勝手だと娘に言われても反論できません。

同レベルでバトっているようでは母親の資格ゼロ

まだまだ未熟なんだけど努力はしようと思ってます。
子育てって難しい・・・

娘に親の愛情をあまり感じないって言われました。
「私たちのこと愛してる?」って。

当然じゃないですかね。
お腹を痛めて産んだ子ですよ。
でも私はやはり冷たいのかな・・・。

なんだか判らなくなってきています。

新学期

今日から学校が始まるところも多く
通勤の公共機関は学生でいっぱいでした。

我が家の娘も今日から授業です。
院生なのに授業がいっぱいでバイトを辞めようかととか言ってました。
専攻には9人しか居ないらしいので、小さな大学の小さな院なのでそれはそれで心地よいようです。

一方息子は・・・
今のところまだ授業の登録もまだですが
取りあえず大学には行っているようです。
本当かなって・・・ちょっとだけ思いつつ励ましています。

この20日までに半期分の学費納入です。
50万円以上なので本人に引出と振込みに行かせます。

少しでも自覚してくれると良いんだけど・・・。

とにかく春になったことだし
すべてがいい方向に向かうと良いなって思います。

娘の眼科通院 その16

昨日初めて診察してもらって良かったとホッとして帰って来たそうです。
初めて診察してもらって半年・・・
その間にいろいろありました。

昨日は今まで見えてなかったところが見えるようになっていたそうです。
緑内障の危険性も皆無とは言えません。
ひょっとしたら今の目薬で抑えられているのかもしれないからです。
が、20以上あった眼圧も今は下がって13くらいとのことでした。

脳腫瘍かもしれないとMRIの予約を入れるべく診察してもらった日に
網膜剥離を見つけてもらい、緊急手術をしてからずっとハラハラドキドキしていました。

やっと網膜が復活してきて見えるようになってきたから脳腫瘍の危険性もなくなったようです。
ホッと一安心です。
手術は開頭するわけじゃなく鼻からするらしいと聞いていたのですがやはり怖かったのです。
一つ、危険性が回避されたことは明るい材料として嬉しく思います。

娘も嬉しかったようです。
剥離部分の定期検診は2か月ごとで、緑内障のほうも同じく2か月後にもう一度行くそうです。

でも良かった~
あとはゆっくりと付き合っていけばいいのですから嬉しい~。

今回のことでいろんなことを勉強しました。
一番頑張ったのは娘です。
あの痛さは二度と経験したくないと言っていました

私も超強度近視なのでいつなるかわかりませんが
私の場合は全身麻酔にしてもらいますなんてね。

やはり健康が一番です。
改めて思います。
これで一区切りがつきました。
今回でこの通院記事は終わりにしようと思います。

また何かがあったら復活しますけど・・・無いことを祈ります

いろいろと取り乱した時期もありましたが、やっと終わりです。
皆様にはご心配お掛けしました

娘の眼科通院 その15

いったいいつまで続くのか・・・。
今回で終わりかと思いましたが、また2ヶ月後だそうです。
昨日は手術してくださった網膜の先生の日でした。

「順調です」ってことですが
まだ通わないといけないのかと不思議です。
縫ったところがはじけて無いかとかの確認なんでしょうか。

来月は緑内障の先生の日で視野の検査だそうです。
付いて行こうかなって思ったりもしています。

今日は私が緑内障の検査のため眼科に行きました。
お世話になっている院長先生もそろそろ引退で次回の土曜診察は6月になりそうです。
息子さんは苦手なので元院長先生の日に通っていたのですが、これからどうしようかと悩んでいます。

前の事務所の顧問先さんなので、懇意にしていた事務の方がいつも助けてくれます。
忙しくて行けない時は目薬を送ってくれたり
元院長先生の診察日を教えてくれたり、感謝です。

娘の通う医院に変わろうかなとも思うのですが、事務の方に悪い気がして出来ません。
さばさばしてすごく好きなオバチャンなんです
みんなに支えられています。

今日はこの7年の視野の記録を見ながら元院長先生がお話してくださいました。
左目はあきらかに見えなくなっているようですが
進行度合いが遅いのでこのままの目薬で良いとのことでした。

これだけ医学が発達しているのに、緑内障は治せないなんてね・・・悲しいです。
治療法も目薬で進行を抑えることしか出来ないのです。
22歳の娘が落ち込む気持ちもわかります。
これからの人生なのに治らないんですからね・・・。

先日新聞に載っていました。
 
緑内障:特定の遺伝子に変異 京都府立医大が突き止める

 失明の原因になる緑内障になりやすい人は、
特定の遺伝子に変異があることを京都府立医大(京都市)が突き止めた。
簡単な血液検査による早期発見につながるという。
米国の科学誌「プロスワン電子版」に掲載された。

 同医大付属病院が05年から、本人の同意を得て集めた緑内障患者約1200人の遺伝子情報を解析。
「第9番染色体」の特定部分のDNA配列が健康な人と異なるケースが多いことが判明した。
こうした変異のある遺伝子を持つ人は、緑内障を発症するリスクが約1.8倍になるという。

 緑内障は視神経が萎縮するなどして視野欠損を起こす。
40歳以上の日本人の約5%、70代で10%がかかるといわれ、中途失明の原因のトップとなっている。
早期発見し眼圧降下剤などを施す必要があるが、自覚症状が乏しく初期の患者の約9割は気付かないという。

 田代啓(けい)教授(ゲノム医科学)らは「住民健診や人間ドックに簡単な血液検査を組み込めば早期に発見できる。
高齢者の社会参加を促す上でも対策は急務で、3年以内に実用的な検査方法を開発したい」としている。

毎日新聞 2012年3月17日


せめて娘の時代にはなんとか治療法を突きとめて欲しいと願っています。

「願い事がかなうなら健康な目が欲しい」と娘は言います。
私も子供の頃、近視が強くて不自由だったのでそう思っていました。
でもこれって親が訊くととても辛いですね。
自分がその立場になって気付きました。

それでも、もっと大変な病気の人もいるんだから、普通の生活が出来ることは幸せなこと。
自分の与えられた運命の中で精いっぱい生きることが大切なことです。

でもやっぱり目が見えないのは不自由なんです・・・

ちょっと過激な日記

家庭内暴力の子供を殺してしまう親の気持ちが少しわかってきた。

このままじゃ社会の悪になってしまう気がするわが子。
自分の手で消してしまいたいと思う時が有る。

言っても言ってもわからない。
わかろうとしない。
話をしようと声をかけると「うるさい」「しつこい」とキレられる。

夜に少し素直になったかと思っていたら
翌日には元に戻っている。

悲しい気持ちと腹立たしい気持ちとが交差する。

産まなきゃ良かったと何度も思う。
存在を消してしまいたいと思ってしまって
ふと我に返る。

「育て方が悪い」と言われて腹が立つけど、そのとおりかもしれないと思ったりもする。

私だって完璧な親じゃない。
まだまだ未熟だし、親として成長過程だもん。
でも会話が出来ないから何も始まらない。

通じないことが辛い。

もうきっぱり切ってしまいたい気持ちになる。

こういう気持ちを抑えるために
神様が私を試しているのかもしれない。

でも・・・もうしんどい。

仕事してへとへとで、勉強だってやらないといけないし
ええかげんにしっかりしてくれ~~~って思う。
教習所だって行けてないし、きっと大学は行かない気がする。

ああ・・・しんどい。

私も消えてなくなりたいなぁ。

もういいやって手を離せたらどんなに楽だろう。
他人ならとうに愛想尽かせてる。

ちょっと重症だよな私

昨日、少し話をしました。
そのことを詳しく書いていたのですが消してしまいました。

これはやはり自分で解決すべきことなんです・・・。

ただ人の気持ちはどうしようもないということ。
それを再認識です。

好きな人の心が手に入らない時にも思いました。
お金では決して買うことのできない

これは子供にも言えるのです。
親が思うようには動いてくれない。

悲しくて歯がゆくてどうしようもありません。

「平行線やな」と息子は言います。
お互い譲れないから無駄に時間とお金を使うのです。

間違っている・・・。

わかっているんですけどね。

まだまだ山は乗り越えられません。
どうしたらいいのかわからないのですが
子供のためにそして自分自身のために出口を探します。

おかげで今日は眠くて仕事中もウトウトしてしまってました。
いけませんね。

悩みます

昨日は母に息子との別居の話をしてみました。

取り乱すかと思いましたが結構冷静に
「あの子は大学は無理と違う?もう解放してやったら?」なんて言います。
以外・・・。

その後、教習所も行っていると私に嘘を言っていて
実は第二段階も3コマしか行ってなかったことが発覚。
でもって夜にその話をしました。
もちろん大学のことも含めて・・・。

やはり大学には行けないって言います。
行きたくないのだそうです。
行く意味が分からないと言われて確かに・・・なんて思いました。

「医者になるわけでもなく、ただ就職のためにってわけわからん。
友達は高卒でも仕事して生きてる。なんでそれがあかん。」ともっともらしいことを言います。

でも実際はアルバイトで遊び歩いている子が多く定職についている子が少ないのです。
「なんで話がわからんの?」っていうと
「そんな子に育てたんやん」と言われてまた納得。

息子もまっとうなことを言っているようですが嫌なことはしたくない。
好きなことだけやっていたいらしいのです。
そんな都合のいいことあるはずないし・・・

どうして世の中の道理が分からないのか
うるさいからとごまかしたり嘘ばかり並べては遊び歩いているのです。

本当は一人で生活させてみると良いのかもしれません。
もちろん援助なしで。

子育てってほんとうに難しい。
改めて思っています。

ボーリング

毎日、どうしたらいいのか考えている私ですが
息子は結構好き勝手に過ごしているのでなんだかバカみたい・・・なんて思うことも・・・。

まあね、すぐに何か行動を起こすことは難しいので
誰もが日々そのまま過ごすってことになっているのですが。

今日バイトから帰ってきて上機嫌な息子でした。
ココしばらくは話もまともに出来ないくらいでしたから嬉しかったです。
いつからこんなに気分屋になったのか・・・。

今日はボーリングのスコアを見せてくれました。

ええ!

GRP_0005.jpg

3人目のが息子です。
すごい!って言うと
「スコア読めるん?」って言われました。

ヾ(--;)ぉぃぉぃ 

私の若い頃はボーリング全盛時代です。
昔はスコアは自分でつけないといけませんでしたから
スペアとストライクの計算も間違わないで書かないといけませんでした。

実は、ダブルとかターキーになるとわからなくなってましたけど・・・

中山律子さんや須田佳代子さんをテレビの前で見ては憧れておりました。
私は力もなく下手なので100もいきませんが子供の小さい頃もよく行ったものです。

私と変わらなかった子が・・・上手くなったものです。
大学に行かず、バーリングやってたってことですね

でも本当に惜しい
パーフェクトが取れるまでやるそうです。

その意欲を勉強に出して欲しいのですけどね…

動けない

今日は前の事務所で一緒だったパートさんと会ってきました。
その人は10歳年上で、子供さんのうち一人が発達障害です。
ですのでいろんなことを経験してきているのでなんでも話せる人でした。

我が家の今の爆弾について話してみました。
すると自分では判らないものですね…私も原因の一つであったと判ったのです。

放っているつもりでも多干渉でした
良いと思って取って来た行動が、そういう子にしてしまったようです。
型にはめているつもりはなかったのですが・・・。

「自由にさせてあげたら?」って言われましたが、どうしても私には出来ません。
家を出ても何も解決しないこと
それよりかは息子を自立できる人間にすることが大切だと言われました。

じゃあどうするか。

その人の提案は私には納得がいかないことではありました。
それがわかった時に
子離れできていない私自身に気付いたのです。

難しいですね。

自分自身がまだ大人に成りきっていないことも原因です。
どうしたらいいのか・・・。

問題は山積みですが放棄することは出来ないのでなんとか解決したいのです。
なんだか中途半端な書き方で判りづらいでしょう…すみません。

気持ちが整理出来たらもっと上手に文章を書きます。

親と子供とダンナとの真ん中に私が居ます。
みんなが傷つかずに居られる方法を考えていますが無理でしょうね。

親との同居の難しさを、しみじみ感じています。
でもその分凄く助かっているのです。
親がいてくれるから仕事に専念出来るんです。
みんながいてくれることで助かっていることもいっぱいあるのです。

家族みんなで笑い合っていた頃に戻りたいけど戻れない。

どうしたらいいのか・・・。
そればかり考えているのです。

息子がヤバイ

昨日娘は着々と自分の人生を歩んで行く第一歩であったのに
反対に息子には大学から留年の通知が届きました。

あたり前です、ほとんど授業を受けに行ってないのですから・・・
「もう辞める」と予想通りの言葉が出ました。
辞めても何もすることはありません。
プータロゥ~です。

今が一番大事な時なのに何もする気が無くなっているのです。
少しだけ話をしましたが
やはり困ったことになっています。

家に居たくない、帰りたくない。
その原因は判っています。

どうしたらいいのかと独り悩みました。
そして娘に相談です。

やはり家を出るほうが良いのかもしれないという話になりました。

親よりも子供の方が大切です。
でも一人っ子なので私しかいないんです・・・。

でもでもでも・・・
息子は本当に心がダメになってしまっています。

人の言葉が入りません。
何もヤル気もなくなって将来の希望も夢も無くしています。

「やっぱり独りや・・・」と昨日もつぶやきながら外泊しました。

子供が帰ってきやすい家じゃないといけません。
娘と息子と性格が反対になりました。

悲しい・・・。

留年の通知は本人にもショックだったようです。
その中に健康診断の用紙も入ってました。

ダンナいわく
「健康診断行けよ」

あほか

見た目と反対にナイーブな性格の息子にそれはないっしょ…

どうしよう。
勉強どころじゃなくなってきました。
受験できないかもしれません。。。

卒業式

本日は娘の卒業写真を公開です(☆で隠れてますが・・・)。

4年前に入学してあっという間に卒業です。
この4年ですごく変わった気がします…。

蟄ヲ髟キ_convert_20120310201522

式はこんな感じです。
暗くて上手く撮れませんでした。

まず、2階席からパイプオルガンで"威風堂々"が流れる中、順に入場です。
驚くことにひとりずつ卒業証書授与です。
400人超の人数なので出来るのですが・・・ビックリ

1時間ばかりかかったのでちょっとだらけてきました。
その後の学長の式辞も長い長い。
良いお話なんですが私には難しい内容でした。

そして来賓の祝辞です。
カトリックなので神父様のお言葉でした。

ある東北の信者が訊かれたそうです。
「なぜ神様はこんな試練を与えるのでしょうか?」と。
応えられたのは別の神父様だったそうですが
「それは神がいつもあなたの傍にいますということの証です」との回答でした。

どんなことがあっても神はあなたを見捨てない。
ということたっだそうですが、応えられた神父様もそれ以上は応えられなかったということらしいです。

確かに、どんなに辛くても悲しくても傍に神がいるのだと思えば心強いのです。
難しい・・・。

そして卒業生の謝辞があり、それから祭壇を準備されてもう一度神父様登場です。

辟。鬘契convert_20120310201827

讃美歌や祈りの歌などがありちょっとこれは疲れました

卒業式はやはり感動しますね。
今日で友達ともお別れ。
そんな学生達の思いが伝わってきて涙が出ます。

本当に良い式だったので2年後の院の時は母も連れて行ってあげようと思いました。
これから旅立つ彼女たちに乾杯

最後に娘のマントと角帽姿です。
莉ョ髱「・胆convert_20120310203807

卒業証書をもらうまでは角帽の房を右に垂らしていました。
それが終わると、学長が左に垂らすように指示しました。
意味が有ったんですね…知らなかったです。
そう言えば壇上の先生方はみなさん左に垂らされていました・・・。

そして、後ろ姿です。
莉ョ髱「・点convert_20120310203521

マントの色は学部によって違っていました。
大学院のマントは同じでしたが角帽の飾りが違っていました。
2年後が楽しみです。

やっぱり大学生は良いですね。
希望に顔が輝いていました

親失格

うちの息子は今朝私が起きる5時半ごろに帰って来ました。
なんでもカラオケに行っていたとか…。
これから昼まで寝るのです。

こんな生活おかしいぞ!って言いますが訊きません。
教習所も秋に入ったけどなかなか進まず
うるさく言ってやっと渋々行くって感じです。

以前にも発達障害かもって書きましたが
性格以外の何ものでもない気がしてきました。

中学まではちゃんとしつけて育てたつもりなんですけど…

昔から勉強はしませんでした。
でも食事のマナーとかはうるさかったはず。
なのに今では片手で食べてます…

お菓子の食べた後の袋も気づいたらそのままで、脱いだ服もだらしなく放ってあって
いつからこんなになったのかと悲しくなります。
言っても訊かないし、放っておいてもそのままだし
ってことで私が後始末すると娘に甘やかしていると怒られます。

娘には、「自分で生活出来るようになったらこんな家出ていく!」って言われました。
大嫌いだそうです・・・私。
息子と贔屓したつもりもないのですが、大事にしてもらわなかったと言います。

私は一人っ子でかまわれて育ったのでそれが嫌であまり子供にべったりしませんでした。
それがいけなかったのかもしれません。
娘にはしっかりして欲しくて少々スパルタで育てました。
それを虐待と取られたり・・・

私の子供への思いは半分も伝わっていなかったようです。
確かに自分勝手な親でした…。
子育てよりも仕事を優先していた部分、ありますから。
でもそうしないと仕事は出来なかったし、生活も出来なかったのです。

子育ては難しい・・・実感しました。

きっと娘は大学院を卒業したら家を出て二度と帰っては来ない気がします。
そして私を頼ることも無いでしょう。

反対に息子は自立できないまま、今の彼女との間に子供が出来て
向こうの家に婿入りするかもしれません。

・・・私は独りになるんですね…。
その時は猫を飼って気儘に過ごします。
あーーその頃は、まだ私の両親もいるでしょうし無理かも・・・

子供っていつまでも一緒にいるものでもないし
自立して旅立っていくものでもあるのでしょうけれど
親と子の絆がちゃんとできていないのでぷっつり切れてしまいそうで怖いです。

雨の夜は少しナーバスになっていらない心配をしてしまいます。
でも、子供に愛される母親になれなかったのはとても残念です。
好かれていると思ったのに…悲しい

娘の眼科通院 その14

昨日、娘はひとりで視野検査に行きました。

結果が知りたかったのに連絡がなくて心配していました。
どうやら芳しくなかったようです

以前、視神経が細くなっていないのに欠けていたところは
網膜剥離が原因だったので徐々に回復しているようですが
別のところがやはり欠けてきているようで・・・
来月もう一度検査して、それでもダメだったら目薬を変えるらしいです。

今の医学では緑内障を治す薬はありません。
進行を遅らせるしか出来ないのです。
眼圧を下げるためにレーザーをすることはあっても直接の治療法ではありません。

自分が見えないだけに、22歳の娘が同じように見えないのかと思うと・・・とても悲しいです。

失明することも覚悟が出来てきたと言っていました。
いきなり失明するのではないのでちょっと極論ですが
将来はそれもあり得ますから悲しい話です。

私はあと20年ほどですから見えなくなっていっても良いんですけどね…。
娘はまだこれからなんです。

最近眼病についてよく調べているようです。
川島なお美さんのご主人の病気も詳しくなってました。

目はやはり怖いです。
いらないところばかり遺伝しているようで責任感じてしまいます

来月は一緒に行こうかなぁ。。。

今日から二月

おバカ息子の大学1年目が終了したらしい。
4月までお休みとか…。

昨日まで試験だったらしいけど、出席日数が足りてないので単位は取れない
たぶん今年は5単位くらいかな…

昨日一応試験には行ったらしい。
すると先生が「どうする?試験受ける?」と言ったとか。
そりゃあ不真面目なヤツだし、さぼってばっかだったけど
単位が取れなくても授業に出ている生徒にそりゃないでしょ!

…なんて思うのは親バカの証拠です。
息子も「はい受けます」って受けたらしいけれど全然出来なかったらしい。
そりゃあ授業もろくに訊いてないからわからんだろうよ。
と突っ込みを入れたけど、よく頑張ったと褒めておいた。

とりあえず褒めるに限ると少し学習した母です。

病気かどうかは19歳にもなるとADHDは分かりにくいらしいです。
顧問先の精神科の先生に訊いてもらったらそういう返事でした。
子供のころに発見して治療すると治るらしい。(症状が緩和するってことでしょうか)
大人になってしまうと世間の常識とかを身に付けて来るので判断もし難く治療はもっと大変らしいです。
「僕は治療できない」と最後にいったとか。

私が行こうと思っていた医院の先生じゃないので、その先生が言うことも一理あるなって思う程度ですが
参考にはさせてもらってます。

息子に少し話もしましたが、病院には行きたくないとのことで認めたくもないようです。
病気だとわかったら出来ないことも仕方ないしと思えるのですが
単なるズボラな性格なら早く直しておかないと社会人にはなれません。

毎日毎日いろんな友達と遊び歩いておりまする。
あとはバイトに精を出し、もらった分すべて使っています。
今どきの大学生と言えばそれまでですが…

この2か月でダラダラ生活に戻ってしまうのが怖い。
大学と教習所はちゃんと言って欲しいと思うのですが…。

娘は来月卒業で4月には院生になります。
就職がないことを除けばめちゃくちゃ計画通り順調に進んでいます。

(-_-;ウーン 姉弟とは思えない対極の二人だわ

娘の眼科通院 その13

今日は娘がひとりで行きました。
勤務時間よりも診察時間が短いので休まないといけない診療所です。
私も春から通うことになるのですが困ったものです。

今日の診察は網膜の先生で手術をしてもらった先生です。
順調らしく次は二が月後とのことでした。
来月は緑内障の先生の診察が有ります。
結構大変です。

娘いわく「あの先生よう疲れはらへんわ」と。
府立医大では一日150人から200人・・・もっと診られていると思います。
それ以外に今日の診療所でまた何十人の目を診て、本当に疲れを知らない先生だと感心してました。

医者って体力がないと持たない職業です。
やっぱり凄い!

娘の視野が欠けている原因が脳腫瘍かこの網膜剥離かの結果が来月出ると思います。
ドキドキしています。
何事もないと良いのですが・・・。

それでも眼科通院に娘も慣れてきたようで安心しています。
何かが有ってももう大丈夫かも。

命が有ればなんでも越えられる気がします。

卒論の提出が手術と重なって焦っていた娘ですが無事卒業出来そうです。
早いです。
あっという間の大学4年間でした。

こうしていつか飛び立っていくのでしょうね。
なんだか寂しい

先ずは受け入れ先ゲット

ウチの顧問先さんは医業がほとんどなのでコネを使うことを考えました。
開業の時に手続きをして、法人成りの時にも手続きをしたメンタルクリニックさんです。
すごく流行っていて、予約でも待ち時間が4時間とかになるそうですが
背に腹は代えられません。

一応所長に口を利いてもらえるかを確認しました。
忙しい先生ですがお願いはしてもらえそうです。
あとは息子との話し合い。

もし診てもらって違っていたらそれで良いのです。
本人が努力すればいいことです。

病気なら治すことは出来ないけれど、症状を緩和する薬をもらうことは出来ます。
だから一番のネックは本人の意思がどうでるか。。。
逆上しそうでちょっと怖いのです。

時期を見て穏やかな時に誘ってみます。

またその時はココに載せますね。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)かも

以前事務所に入った新入社員さんは2カ月で解雇となりました。
原因は仕事が出来ないことですが少しココにも書きましたが多分病気ではないかとのことです。

病名はアスペルガー症候群かと・・・。
その話で娘といろいろ話をしました。
娘は臨床心理士を目指しているのでそう言うことの専門です。

実は弟のこともひょっとしたらADHD(注意欠陥・多動性障害)なんじゃないの?と言います。
今まで身近に感じて無かったのですがアスペルガーの人を目の前で見て、
ひょっとして・・・とわが息子のことも冷静に見るようになってきました。

息子も落ち着いて話すと訊いてくれますがなかなか気分屋なので普段は無理です。
でも症状や行動を調べてみるとすべて当てはまります。
今までにも夜に話をしてこれではいけないって自分で思うのですが
翌日になったりすると出来ないそうです。

ウィキペディアでも学業の面でも"提出物が出せない、宿題が出来ない、ノートが取れない"
そう書いてありました。

思えば小学校3年生の担任が"ADHD(注意欠陥・多動性障害)"かもしれないと言ってました。
はあ?それって何?って思ったのを覚えています。
もっとあの時に突っ込んでいたら良かったのかもしれません。

メンタルクリニックへ行った方が良いように思えてきました。
娘いわく、それも本人が治そうとしないとどうしようもないそうです。
障害である以上治ることは無く、薬の投与で症状を和らげるぐらいしか出来ません。

一昨日はあまりに話が通じなくていい加減なことしか言わないので
悲しくて悲しくて泣いてしまいました。
「どうしてこんな子に育ててしまったのか・・・」そればかり思いました。
「産んだことが間違っていたんやわ」ともつぶやいてしまい
このまま自堕落な生活を続けて行けば上の子の人生をもめちゃくちゃにするように思えて
「存在を消してもらいたい・・・」なんてことも真剣に思いました。

今はまだ親が居るから良いでしょうが、いつか私たちは先に居なくなるのです。
その時に周りに迷惑かけないようにひとりで生きていけるようにしないといけません。

大学生では有っても言っていることは小学生並みです。
性格なら直したい。
でも病気なら治らない。
そこのところを見極めないといけないと思いました。

片づけが出来ない息子を見ていると腹が立つのですが
これも病気だと思えば許せることもあります。
でも本当に発達障害だとしたら・・・。
受け止める勇気が必要です。

本人に言う前に先ず私がしっかりしないといけません。

娘の目のこともまだ終わって無いのですが
ココに来ていろいろとやってくる状況に精神的に参っています。
みんなすべて私ひとりで背負わないといけないことが辛いです。

本当は勉強なんてしている場合じゃないのですが
勉強している時間は私だけのことに専念出来るので幸せな気持ちになります。

もし、息子がADHDだと診断されたら・・・
もう一つブログを書くことになりますかね~
水中時計
プロフィール

春

Author:春
来ていただいてありがとう(*^-^)
不定期更新で綴ってます。

この絵は娘が書いてくれた青い鳥です
幸せいっぱいみんなに降りますように♪

幸せの青い鳥は自分の心の中にいるのです。

花を咲かせましょう
最新コメント
アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

名言・格言集

最新記事
丸窓

リンク
過去記事(ログ)スクロール
小鳥たち

検索フォーム

カテゴリ
♪♪音符がフルフル♪♪